最初に練習すべき基礎のひとつ、チェアについて。

この記事では、チェアを紹介します。

チェアとは

チェアとはブレイクダンスの基本となるフリーズです。

椅子に足を組んで座っている形が、名前の由来になっているといわれています。

パワームーブ等のダイナミックな動きを行う際にも非常に重要になります。色んな動きに繋がりますし、初めに練習する技のひとつです。

やり方

スクリーンショット 2016-04-01 23.27.29
片肘(左右どちらでも結構です)を脇腹に当てて、肘から手首までのラインを体と垂直にします。胴体と床の間に、垂直に立てた腕を挟む形で横に寝転んでいきます。

スクリーンショット 2016-03-04 22.24.34
立てた腕の反対の手を地面に添えて、側頭部を地面に着けて、両手と側頭部の三点で体を支えます。慣れるまでは、画像の伸ばしている足を地面に着けて4点で支えます。

普段はあまり使わないような筋肉を使うので、最初は筋肉痛になると思います。やっている内に筋肉もついてきますし、バランスもどんどん取れる様になってくるので地道に練習しましょう。