倒立で止まるにはまず肘をまっすぐにして練習しましょう

どーも、たむら(@tamura215)です。

倒立系のフリーズもムーヴに取り入れたいなと思う今日この頃。今まで全然やってこなかった、チェアから倒立にあげる練習を地味に練習しています。

やっぱり下から上に体をあげるのはきついっすね…笑

ということで今日は倒立について。以前書いた記事をリメイクしてみました。ちなみに倒立が崩れてしまって止まれないって方に向けの内容になります。

倒立中に崩れるように落ちてしまう方へ

倒立でとまりたいけど崩れるように落ちるって方は、肘が曲がっていて耐えきれずにそのまま崩れるってパターンが多いかと。

肘が曲がってしまうと肩に体重を乗せられないので、余計にいろんな力が必要になりますしバランスを取るのが大変です。

なのでまずは肘をまっすぐにすることを意識して練習してみてください。

写真 2016-01-02 21 18 21
こんな感じ。(写真は引越し前のもの。笑)

とにかく肘をまっすぐに伸ばしてしっかり体を支えて上げましょう。肘をまっすぐに伸ばすことで、肩に体重を乗せやすくなります。

あと、とりあえずは余計なことを考えずに倒立に入れます。(逆にある程度倒立で止まれるようになって余裕が出てきたら、肘を少し曲げたりしてバランスをとることも出来ます。)

まとめ

倒立時に崩れるように落ちるなら、肘をしっかり伸ばして肩に体重をしっかりのせる。

以上、よろしければ参考にしてください。