スワイプスの時にうまく腰を回すための練習法

どーも、たむらです。

この前書いたスワイプスの記事『スワイプスの時に腰を高い位置でキープする練習』がけっこう好評みたいなので、またスワイプスのことを書きます。

スワイプスの時に腰を回す練習なのですが、パワームーブ全般に活きてくる練習だと思うので、ぜひ日頃の練習に取り入れていただければと。(腰に痛みのある方は注意してください。無理は絶対しないこと!)

スワイプスの時にうまく腰を回すための練習法

今回も動画作ったので、まずはそちらで.20秒なのでサクッと見ていただけると思います。

と、こんな感じです。

僕はこの動きが実はめっちゃ苦手です。最近ようやく腰から回り始めたなというところです。

練習時のポイント

では、動画の補足としてポイントをチェックしていきましょう。

両手を地面に着いてしっかり体重をのせる

両手に体重が乗っていないと下半身を浮かしづらくなるので、まずはしっかりと両手にしっかりと体重を乗せます。


下半身を回し始めても両手は地面に着いたままです。

実際にスワイプスに入る時に早く手を地面から離してしまうと、体が開いて支えられなくなってしまうので、出来る限り両手を地面につけた状態で粘る癖をつけます。

腰から下半身を回す

脚を浮かせたら腰から下半身を回します。


慣れないうちは脚だけ回してしまいがちですが、しっかり腰から回すイメージを持って練習してください。

余裕が出てくると腰の位置を変えずに出来るようになります。(僕はまだ動きまくりですが…もっと練習します!)

まとめ

スワイプスの時にうまく腰を回す練習法。ほかのパワームーブにも良い影響があります。

練習時は以下の2点を意識してください。

  • 両手を地面に着いてしっかり体重をのせる
  • 腰から下半身を回す

ぜひ、練習に取り入れてくださいね〜!
※腰痛のある方は無理しないようにしてください。