ウインドミル 〜勢いを上手く活かす足の振り方〜

「思いっきり足を振ってウインドミルに入ると上手く崩せない。」

今日はそんな方向けに書いていきます。かなり対象者を限定しましたが。笑

なぜ思いっきり足を振ると上手く崩せないのか?

自分自身、そして教えてきた生徒達の事例です。

勢いがすご過ぎて体がぶっ飛ぶ

自分でも制御出来ないくらい勢いがついて、崩すどころか体がぶっ飛んで地面に落ちてしまうパターン。(そこまで思いっきり振れるのはうらやましいですが。笑)

足を振る事に意識が向き過ぎて足しか振れていない

足は振れているが、頭が流れていないなど他の動作がおろそかになってしまうパターン。圧倒的にこっちが多いです。

足を見直していきます

スクリーンショット 2016-02-23 22.41.13
前述の通り、足を思いっきり振ることに意識が向き過ぎて、他の部分がおろそかになってしまうことが多いと思われます。

色んなところを意識しすると忙しすぎるので、今日は足の事を書いていきます。

足を伸ばして開いたら固める

足を振る事に集中しすぎると、どうしても足が曲がったり閉じたりしがちになります。足を伸ばして開いたらその形をキープします。

腰からひねるイメージで

足を伸ばして開いた形をキープしたままで。腰をひねって足を振ります。足だけ振ってしまうと遠心力が働きにくいので、腰をひねって、大きく広げた足を回してあげます。

まとめ

足を振る事に集中しすぎると、どうしても他の部分がおろそかになってしまいがちになると思います。

しっかり足を振れてきたら、足の形や振り方を少しずつ改善していきましょう。まずは足を伸ばして開いて固定するところからです。

その状態で腰からひねって足を振れる様になると、より勢いもつきますし、崩しやすくなります。