ウインドミルを回る為に大事な3つの足の使い方

先日書いた、ウインドミルをやるならまずこの練習をやっておくべきを読んで下さった方から練習中だから助かるというメッセージをTwitterでいただいたので、今日もウインドミルについて書きます。

今回は足の使い方に着目していきます。僕が意識している事は3つ。

足をしっかり伸ばして開く

まずは足を真っ直ぐに伸ばして、開脚!!

曲がったり、閉じたりすると勢いがなくなって回りづらいです。体の硬い方も出来る限り足を開けば大丈夫なので、思いっきり広げましょう。ちなみに僕は開脚90°位しか開きません!笑

軸手側ではない方の足を高い位置でキープ

崩して横を向いた時に、軸手側ではない方の足が落ちてこない様に高い位置でキープする。

これが出来てると地面と足の間にスペースが生まれるので足を振り込んでいきやすいです。

振り込む足(軸手側の足)を出来るだけ遠く大きく

足を思いっきり伸ばす事によって遠心力がついて勢いが増します。

チェアから足を振り込む時は、低いところから振り上げていくとスムーズに背中に入れます。

まとめ

スクリーンショット 2016-02-06 23.18.40
・足をしっかり伸ばして開く
・軸手側ではない方の足を高い位置でキープ
・振り込む足(軸手側の足)を出来るだけ遠く大きく

今回の様に質問などいただけると、どんどん記事にしていきますので、他のみなさまもよければお気軽にコメントやメッセージしてください。