2歩からチェアへ繋ぐ方法(おまけ:脚の回転数を増やす繋ぎ方)

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワークからチェアに繋ぐ時は、2歩や3歩の半周系のフットワークから繋ぐのが好きです。

体を反転させる動きが似ているので、繋ぎやすくもあります。


実際にやってみるとこんな感じ。

動画を見ればわかるかと思いますが、少し補足しながら解説していきます。

2歩からチェアへ繋ぐ方法

動画では、体の前で脚を回して来たタイミングで、チェアと繋いでいます。


スタンダードな繋ぎ方です。

6歩でも3歩でも、ここからだと繋ぎやすいです。

おまけ:脚の回転数を増やす繋ぎ方

せっかくなので、さらにかっこよく見せるテクニックを紹介します。

チェアにつないでいく際に、脚の回転数を多く見せる方法です。


やり方はシンプルで、チェアへ繋ぐ際に、軸手側のひざに反対側の脚をかけます。(掛けた脚は良いタイミングで解いてください。)

このように繋ぐと、脚の回転数が増えて見えてかっこいいです。

上半身をはやくひねって、後から下半身がついてくるイメージでおこなうと、さらに見栄えが良くなります。

この一手間で、見栄えが断然良くなるので、よろしければお試しください。