【フットワークの基本】6歩の上達のために意識すべき3つのこと

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

まずは先ほどのtweet。

【フットワーク上達のために意識すべき3つのこと】

・手の着く位置を固定
・脚の曲げ伸ばしをしっかり行う
・円を意識する

フットワーク頑張ろうとしてる人は、これ大事にしたら必ず上達します。意識すんのとしないのでめっちゃ変わるから!

騙されたと思って、意識して6歩踏んでみてください。

本記事は、上記のTweetの補足です。

フットワーク全体で大事なことなのですが、今回はわかりやすいように6歩に限定します。

6歩の上達のために意識すべき3つのこと

先述の3つをしっかり意識して、6歩を練習していきましょう!ということなのですが、この3つが何故に効果的なのかも併せて解説していきます。

手の着く位置を固定

フットワークと言うだけあって、脚の動きに意識持っていかれると思いますが、手の位置ってめっちゃ大事です。

ざっくり簡単に言うと手の着く位置がぶれると、体全体がぶれます。

6歩のコントロール
逆に言うと、手の手の着く位置を固定出来ると、6歩がコントロール出来ます。

試しに何も意識せずに6歩を踏んでみてください。色んな方向に体の位置が動いてませんか?

もし動いているなら、手の着く位置を決めてもう一度行いましょう。

手の位置が固定出来ると、安定して同じ場所でフットワークできるはずです。

脚の曲げ伸ばしをしっかり行う

脚を伸ばすところはしっかり伸ばして、曲げる所はしっかり曲げてみてください。

これだけで動きにメリハリがつきます。

動きにメリハリがつくことで、いわゆるキレのあるフットワークを踏むことが出来ます。

曲げ伸ばしが中途半端になると、どんどんキレの無いフットワークになりますので、キレを出したい人は特にこれ大事です。

円を意識する

自分の体を中心に円を意識して下さい。フットワーク、というよりブレイクダンスの基本は円運動です。

6歩を上から見た時に、足の軌道で綺麗な円を描けていると、6歩が綺麗に見えます。

円を意識した6歩
6歩で言うと、地面に着いた手の位置が中心と考えても大丈夫です。

6歩に限らず、スピンでも3歩(3歩は四角ですかね。またこれについても書きます。)の時も、足の軌道で円を描くようにフットワークすると綺麗に見えます。

さらに、この円を大きく意識する事で、全体のシルエットも大きくなります。

円運動を制すると言うことは、フットワークを制すると言っても良いかもしれませんね。

まとめ

6歩上達のために意識すべき3つのこと。

  • 手の着く位置を固定
  • 脚の曲げ伸ばしをしっかり行う
  • 円を意識する

6歩を頑張ろうとしてる人は、まずこの3つ大事にしたら必ず上達します。

ぜひ意識してみてくださいね。