初心者が6歩を覚えるときにおすすめの方法

どーも、たむら(@tamura215)です。

6歩は前から教える派です。

これからブレイクダンスを始めるぜって方には、是非脚が体の前にあるところから練習してほしいです。

前から6歩する

ここから。

なぜ6歩は前からやるのがおすすめなのかと言うと、2つの理由があります。

  • 形の崩れやすいところからスタート出来る
  • しゃがむ系のドロップと相性が良い

この2点。

形の崩れやすいところからスタート出来る

当然ですが、得意不得意もあるので一概には言えないですが、基本的には脚が後ろにある(四つん這いのところ)よりも、脚が体の前にある体勢の方が形が崩れがちです。

後ろからフットワーク
脚が後ろの体勢(上の写真)のところから始めると、勢いがついた状態で、脚が前にまわってきます。

そのため、ただでさえ形が崩れやすいのに、余計にバランスが取りづらくて形が崩れやすいです。

ですが、脚が体の前にあるところからスタートするとどうでしょう?

はじめに形を作ってからスタート出来るので、形を整えてからフットワークし始められるので、バランスが取りやすいですし、シルエットもかっこいいです。

しゃがむ系のドロップと相性が良い

もうひとつの理由がこれ。しゃがむ系のドロップと相性がいいです。

しゃがむ系のドロップと相性が良いので、エントリーからフットワークまでつなぎやすくなります。

初心者におススメの練習方法
始めたての方は、まだ出来る事が少なく一連の流れで踊るのに慣れていないので、このように簡単にエントリーからフットワークへスムーズに入れるとより一層練習が楽しくなりますよね。

脚が前のところからフットワークを踏み始めることが出来ると、エントリー→しゃがむ→フットワークと繋ぎやすいので、手っ取り早くその流れを覚える事ができます。

まとめ

僕個人は、これからブレイクダンスを始める人には、6歩は脚が前にあるところから覚えるのをおすすめします。

理由は2点。

  • 形の崩れやすいところからスタート出来る
  • しゃがむ系のドロップと相性が良い

これからブレイクダンスをやるぞって方は、この方法で6歩を覚えてみてください。