【エアムーブ】パワームーブの中では珍しい止まる技【やり方とコツを解説】

どーも、たむら(@tamura215)です。

エアムーヴ。僕が出来る数少ない(笑)パワームーヴのひとつです。

ブレイキンの技:エアムーヴとは?

エアムーブは、パワームーブの中では珍しい止まる技です。

スワイプスをもう半周ひねって着地する技です。

動きの説明

エアムーブ入り
スワイプスと同じ様に軸手と反対側の足を振り上げ、軸手側の足で地面を蹴る。

関連記事:【スワイプスのやり方】おすすめの2つの練習方法もご紹介

エアムーブ手のみ
上半身を回転方向にひねりながら、腰を上げていく。

エアムーブ飛ばす
空中で軸手側の足を、反対の足に巻き付けていく。

エアムーブ着地
上半身を返しながら着地。

エアムーブ練習時の注意点

膝から落ちやすいですが、直に地面に膝をぶつけてしまうと怪我に繋がります。

必ず膝のサポーターを着用して練習してください。

エアムーブをかっこよく見せるための着地のしかた

エアムーブって着地のしかたで印象がめっちゃ変わります。

結論から書くと脚と手の着地が同時になるとかっこいいです。

手を着くタイミングが足の着地から遅れてくると、なんだか無理矢理回っている様に見えます。

僕の好き嫌いがすげー入りますが、やっぱり手と足が同時に着地するくらいがかっこいいです。

そのためには、以下の2点がポイントになってくるかと。

  • 回転方向側の手を早めに体の前に持って来る
  • 早めに着地の形を作る意識を持つ
  • 回転方向側の手を早めに体の前に持って来る
  • 外を大きく回ってくる、回転方向側の手(僕は右手)が遅れがちになります。

    エアムーブの手
    この手です。

    なので、手を地面から離したら素早く体をひねります。

    回転方向側の手を早めに体の前に持って来る意識を持って、手が遅れてこないようにする。

    早めに着地の形を作る意識を持つ

    先述の通りに、回転方向側の手を早めに体の前に持って来たら、着地する時の形を早めに作ります。

    そうすることによって、ばちっと手足同時に地面に着地することが出来ます。

    以上、今回はパワームーブの中では珍しい止まる技、エアムーブのやり方とコツを解説しました。

    よろしければ、参考にしてください。