Aトラックスで背中から落ちるなら練習時にこの3つを意識しましょう!

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

今回は、以下の3つの条件に当てはまる人に向けての記事です。

  • Aトラックスが抜けない1周も抜けない
  • チェアから飛ばす時に背中側にぱたっと倒れてしまう
  • 形はどうあれとりあえず1周回りたい

そんな方に向けて、僕が思う改善点を書いていきます。

最近のAトラックスの動画が無かったので、上のは結構昔の動画。

毎度しつこく書いていますが、僕はパワームーヴ上手くないです。内容が的確かは分かりませんが「もしかしたらこれを意識すれば、出来るようになる人がいるかも。」そんな気持ちで書いてます。

では、僕が思う改善点を3つ書きます。

体を反りすぎないようにする

体が反りすぎると、返す前の足の位置が地面と近いので背中側に落ちやすくなります。

体を反らさないように注意すると、返す前の足の位置が高くなるので背中側に落ちづらくなります。

頭を流すことはかなり大事ですが、そればかりに気を取られて上半身だけ流れてしまうと、体が反りすぎてしまいます。

飛ばすタイミングを調整

手で地面を押して体を飛ばすとき、そのタイミングが早いと体が上がってこずに落ちてしまいます。逆に遅すぎると腕が耐え切れずに落ちてしまいます。

Aトラックスの飛ばすタイミング
飛ばすタイミングを調整して上手く飛ばせると、背中から落ちずに体を返す余裕が生まれます。

いろんなタイミングを試して、タイミングを見極めましょう。

脚を高い位置に持ってくる

体を返す時に脚の位置が上がっていないと、返す間もなく足が落ちてしまします。

なので脚を振り上げる時に、出来るだけ高い位置に向かって脚返を振り上げていきます。そうすれば体を返すまでの時間を作れます。

まとめ

Aトラ1周回れなくて、なおかつ背中から落ちる人は、以下の3つを意識して練習してみてください。

  • 体を反らせすぎないようにする
  • 飛ばすタイミングを調整
  • 脚を高い位置に持ってくる