これからAトラックスを練習する人がまずすべき3つのこと

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

パワームーブの中でよく質問される、Aトラックス。

「これから練習しようと思ってるけど、何からしたらええかわからへん!」って方も少なくないはず。

僕もウインドミルができるようになってからすぐに練習し始めましたが、Aトラックスが出来ているbboyを見ても何からやればいいのか全然わかりませんでした。笑

この記事ではそんな方のために、Aトラックスをやる上でまず練習した方が良いと思うことを3つにまとめました。

ウインドミルが出来るという前提で書いていくので、出来ない方はまずウインドミルを練習する事をおすすめします。

あ、質問をいただいたらブログやメルマガの記事にしてお答えしてます。気になる事がある方はお気軽にメッセージくださいね。

という事で、これからAトラックスをする人が練習すべきことをまとめます。

まずは頭を地面に着ける

頭を地面に着けないウインドミルをする方は、頭を着くウインドミルを練習してください。

はじめはちょっと怖いと思いますが、ニットなどで頭を守ってチャレンジしましょう。

意識的に地面に頭を着けようとしながら練習すると、少しづつ慣れてきます。

頭を地面に着けたウインドミルをするためのポイントは、こちらで詳しく書いています。

Aトラックスをやるためには、まず頭をつけるウインドミルを練習をしよう。
どーも、たむら(@tamura215)です。 以前、地元のスタジオに通ってくれていた生徒が教えてくれた悩...

頭を流す

頭をしっかり地面に着ける事が出来たら、今度は頭を流す練習です。

ウインドミルの時に頭を流す事は大事ですが、それ以上に意識してあげましょう。

後から書きますが、頭が流れていないとチェアで粘るのが難しくなります。

脚を振り込んだら、後頭部の方に頭を流していきます。
Aトラックス
こんな感じ。とにかく頭を地面に着けて滑らせていきます。

髪の毛が摩擦で焦げるので、ニット帽をかぶることをおすすめします。笑

チェアで粘る

頭が流しながら出来るだけチェアの体勢で粘りましょう。背中側にぱたっと倒れてしまう位粘ります。

上記の頭を流す動作がしっかり出来ていないと粘りにくいので、並行して練習してください。

ここでしっかり粘る事が出来たら、腕で体を押し上げて飛ばしていくのがめっちゃ楽になりますので!

まとめ

これからAトラックスをやる上で、まず練習すべきことは以下の3つ。

  • 頭を地面に着ける
  • 頭を流す
  • チェアで粘る

まずはこの3つをしっかり練習しましょう。

この3つが出来るようになったら、腕で体を押し上げて、頭に乗っていく練習です。

それについてはまた書きます。