Aトラックスをやるためには、まず頭をつけるウインドミルを練習をしよう。

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

以前、地元のスタジオに通ってくれていた生徒が教えてくれた悩み。

Aトラやりたいんですけど、自分はウインドの時に頭を地面につけないんです。

1年前くらいに聞いたことなのですが、それからもちょくちょく同じように困っているbboyと遭遇します。

まず頭をつかないとAトラックスにいけない

僕自身は頭を地面につくタイプのウインドなので、なんの疑問もなくウインドミルからAトラックスに繋いでいました。

ですが、言われてみると頭をつかないタイプの人は、まず頭を地面に着けないとAトラックスに入っていけないですね。

ということで、Aトラックスをやるために、まず頭を地面につけるタイプのウインドミルを練習していきましょう!

ウインドミルの返し
これまでいろんな人のウインドミルを見てきましたが、頭を地面に着きたくても着けない人に比較的多いのは、返した時にあごが引けてていないところです。

人によっては、返した時に頭が地面につかない様に逃げている感じになってしまっていることもあります。

ウインドミルを返す時にしっかりとあごを引く

頭を着いたウインドミルがしたいって方に、「しっかりとあごを引くことを意識して回ってみてください。」とアドバイスしてみたりしますが、割と効果があると感じてます。

これまで何人も同じことを試してもらていますが、みんなだんだんと頭が地面に近付いて、数回やるうちに頭が地面に着くようになります。

はじめは普段意識していないところを意識するので、慣れないとおっしゃる方もいますが、慣れるとけっこうあっさり頭を地面に着けてのウインドミルが出来たりします。

なので、もし頭をつけてウインドミルしたいのになかなかつけないという方がおられたら、返した時にあごを引くことを意識して回ってみてください。

まとめ

頭を地面につくタイプのウインドをしたいという方は、

  • ウインドミルを返す時にしっかりとあごを引く

ということを意識して回ってみてください。

初めのうちは慣れないかもしれませんが、意識してやると何度か練習するうちに地面に頭がつくようになると思いますよ。

ニット帽などで頭を守ってあげると、安心感もあってより地面に頭を着きに行きやすいと思うので、恐怖心のある方は是非ニット被って練習してくださいね。

頭を地面に着けてウインドミルができるようになったら、Aトラックスに挑戦していきましょう!