Aトラックスを練習する際に脚が曲がってしまうのを防ぐ方法

どーも、たむら(@tamura215)です。

たまに思い出したようにパワームーブ練習することがあるんですが、Aトラックスを他のパワームーブから繋げるようになってきました。


とはいってもけっこう無理矢理で、脚も曲がっちゃうんですけど。笑

このあと「もっと脚伸ばさんとあかんなー。」と思っていたのですが、ひとつ意識を変えてみると少しは脚が伸びるようになったので今日はそのお話。

パワームーブでは脚を伸ばすのって大事です

Aトラに限らずパワームーブ全般に言えるのですが、脚を伸ばすことってめっちゃ大事ですね。

動きが大きくなるので迫力も出ますし、他にも遠心力がついて回りやすくなったり連発もしやすくなります。

僕の経験で言えば、Aトラックスの連発は脚が少し伸びるようになった出来るようになりました。

前までは今以上に脚が曲がっていたので、1周回ったらそのあとは回転する力がなくなって体が落ちてしまっていたのですが、そうならなくなったので今は落ちずにどうにか2周目に入ることが出来ます。

Aトラックスの時に脚が曲がるのを防ぐ方法

脚が曲がっていた状態から少し脚が伸びるようになったのですが、そのときは闇雲に脚を伸ばすっていうよりか、太ももの前の筋肉を縮める意識でやるようにしました。

Aトラックスの時に脚をまっすぐにする
ぐっと太ももの前に意識を持っていって脚を棒にするように。

まとめ

Aトラックスを練習する際に脚が曲がってしまうのなら、太ももの前の筋肉をぐっと縮める意識を持つと伸びやすい。

脚が伸びると遠心力で勢いもつきますし、動きにも迫力が出ますので、なかなか脚が伸ばせないという方は一度試してみてください。