ブレイクダンス初心者はフットワークを踏む時ここを意識してみてください

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイクダンス始めたての生徒の中に、フットワーク上手くなりたいと言ってくれる生徒がいます。

始めはウインドミルとかトーマスやりたいという生徒が当然ながら多いのですが、その中でそう言ってくれる生徒がいるということは、フットワークメインにやっているbboyとしてはやっぱりうれしいですね。

初心者がフットワークを踏む時になりがちなこと

ブレイクダンスを始めたての初心者が、フットワークを踏む時になりがちなことがいくつかあるのですが、今日はそのひとつをピックアップして書いていきます。

特に目立つのは脚が体の前に来た時に腰が引けてしまうというところです。

今まで教えてきた生徒も共通してこうなりやすかったです。

腰が引けてしまうと大きくフットワークを踏めなくなりますし、窮屈になってシルエットがかっこ悪くなります。

が、逆にいうとそこだけでも改善してしまえば、フットワークのシルエットが一気にかっこよくなるということです。

フットワーク中に脚が前に来た時に腰が引けないようにするためには

腰が引けないように意識すると良いと言ってしまえばそれまでなのですが、もうちょっと掘り下げていきます。

2つのポイントを意識してもらうと、腰が前に出やすいかと。

かかとを浮かせる

ひとつ目はかかとを浮かせることです。

脚が体の前に来た時にかかとまでべったり地面についていると、なかなか腰を前に出せません。

まずはかかとを浮かせて、爪先立ちになります。

ひざの位置を低い位置にもっていく

かかとを浮かせたら、次は膝の位置を低くして地面に近づけていきます。

そうすることで自然と腰が前に引っ張られるので、腰が引けて窮屈になってしまうのを防げます。

まとめ

ブレイクダンス初心者がフットワークを踏む時と、脚が体の前に来た時に腰が引けてしまいがち。

フットワークを大きくしてシルエットをカッコよくするためには腰を前に出してあげるとよい。

ポイントは2つ。

  • かかとを浮かせる
  • ひざの位置を低い位置にもっていく

フットワーク中に腰が引けないようにする方法
上記のポイントを意識すると、自然に腰が前に引っ張られる

よろしければ試してみてください。