ブレイクダンスの音の取り方

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイクダンスはあくまでダンスなので、当たり前ですが音に合わせて動くものです。

踊るbboy
音楽で感じたことを、自分の体を使って表現するんですね。最近ますますスポーティになっているブレイクダンスですが、そう考えるとやっぱりアート。

ブレイクダンスの音の取り方と音ハメ

音の取り方にも種類があって、拍子で取ったり、声や目立つ音で取ったりいろんな取り方があると考えています。

ちなみに目立つ音に合わせて、わかりやすく音を取ることをbboy、bgirlの中で『音ハメ』って呼びます。


色々な取り方がある中で、どの音をどのように取るかってのは自由で、それがブレイクダンスの面白い部分のひとつかなと。

リズムとカウント

好きに音を表現するとは言っても、やはり基本はあるので、そちらにも少し触れたいと思います。

ダンスを踊る上でよく聞くのは、『リズム』とか『カウント』という言葉ではないでしょうか?

リズム

本来リズムとは、音が鳴って消えてといったような、時間の刻みを感じさせる繰り返しの事を指します。

例えば、カーンカーンという踏切の音もそうですし、犬のワンワンという鳴き声もひとつのリズムです。

ですが、ダンスをやる上でよく聴く『リズム』とは、ドラムなどのパーカッションが作るリズムのことを指しているのが多いです。

カウント

カウントとは拍の事で、ダンスを踊る際には8カウント(8拍)を1セットで数える事が多いですね。

ちなみにブレイクダンスで使われる曲は、4拍子のバックビート(2拍目と4拍目にアクセントのある音楽)がほとんどです。

音楽をしっかり聞いて踊る

特に初心者の頃は、動きや技、ステップの練習がメインになりがちだと思います。

もちろんそれも楽しいですし大事ですが、ブレイクダンスはあくまでダンスということを忘れずに、音楽をしっかり聴いて踊りましょう。