2024年パリオリンピックにブレイキン(ブレイクダンス)が競技に暫定承認!【概念とかの共通点を探したらけっこう似てた話】

どーも、たむら(@tamura215)です。

ついに、ブレイクダンスが、パリオリンピックの追加競技として決定しましたね!

10年くらい前に踊り始めた頃は、ブレイクダンスがオリンピックの競技になるなんて予想してませんでした。(てか考えたことも無かった。)

こういう変化が起こると、賛成とか反対とか色んな意見をそこら中で目にします。

あえてどっちか分けるなら、僕は『賛成派』の立場です。


以前に、こんなツイートもしてました。

今回は、『賛成派』と『反対派』の意見も紹介しながら、ブレイキンがオリンピック競技になるってことについて、考えていきます。

『賛成派』と『反対派』の意見

まずは、よく見かける意見を、簡単にまとめました。

賛成派の意見

まずは賛成派から。

  • 認知度が上がる
  • 若者の未来の選択肢が増える
  • ブレイクダンスを見れる機会が増える

twitterなどのsnsを見る限り、けっこう賛成派が多いなという印象です。

反対派の意見

そして反対派の意見。

  • そもそもスポーツではなくてカルチャーでアート
  • hiphopカルチャーに関わりの無い人が運営するのおかしい
  • 歴史が浅く体にどんな影響があるのかまだわかっていない

どちらかというと、いわゆる『現場』に、反対している人が多いように感じます。

オリンピックの概念とヒップホップの概念は調和するのか?

賛成と反対の意見、いろいろありましたね。

それについては一旦置いて、オリンピックの概念とヒップホップの概念は調和するのか、歴史や概念を調べながら、自分なりに照らし合わせていきたいと思います。

オリンピックの歴史や概念と照らし合せてみる

オリンピックは世界規模の運動会くらいの認識しかなかったので、簡単に調べてみました。

  • 4年に一度(夏季と冬季がある)開催される世界的なスポーツの祭典
  • スポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的としている
  • アマチュアリズムを基本としている
  • 文化や国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情・連帯感・フェアプレーの精神を持つ

超絶ざっくりですが。古代オリンピックとか、近代オリンピックとか歴史がありすぎて追いつきませんでした。笑

上記を頭に置いて考えると、

  • 4年に一度(夏季と冬季がある)開催される世界的なスポーツの祭典→Red Bull BC Onみたいなもの?
  • スポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的としている→ヒップホップにとって平和は目的のひとつ
  • アマチュアリズムを基本としている→アンダーグラウンドの精神を持つ
  • 文化や国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情・連帯感・フェアプレーの精神を持つ→ヒップホップは違いを受け入れる文化

共通点だけ探すと、概念とか精神はかなり似てるんではないでしょうか?

あと、気になったのはオリンピックの起源についての文献。

起源には諸説ありますが、もともとは神々をあがめる体育や芸術の競技祭だったといわれています。

しっかり『芸術』って書いてますね。

hiphopの概念と照らし合せてみる

ブレイキン(ブレイキン)は、ヒップホップのひとつの要素です。

なので、今度はヒップホップの概念と照らし合せてみるとどうなのか照らし合わせてみましょう。

ヒップホップの重要人物、Afrika Bambaataa(アフリカ・バンバータ)が語った、ヒップホップの概念。

  • Peace(平和)
  • Unity(結束)
  • Love(愛)
  • Having Fun(楽しむ事)

オリンピックの概念や精神と照らし合わせてみます。

  • Peace(平和)→オリンピックは世界平和を究極の目的としている
  • Unity(結束)→オリンピック文化や国籍などさまざまな違いを乗り越え結束
  • Love(愛)→友情や連帯感などの精神
  • Having Fun(楽しむ事)→オリンピックというお祭りをみんなで楽しむ

通ずるものが多いですね。

上記を踏まえた僕の考え

ブレイキンとオリンピックの、概念とか精神の共通点を探したら意外と通ずるものはたくさんありましたね。

その上で考えても、競技化するということについては、100%賛成とか反対っていうことはないと思うんですよ。

メリットもあればデメリットもあるということに尽きると思います。(そのメリットやデメリットもどの側面から見るかによて変わるんですが。)

大きな舞台で取り上げられるという事で、「認知度は上がると思うけど、その反面カルチャーとしては薄まってしまうんじゃないか?」とか「競技としてのルールに縛られてしまうのではないか?」なんて不安もあったり。

とは言え、いろいろ想像してもどうなるかわからない事も多いので、まずやってみる事が大切なんじゃないかなと思います。