ブロンクスステップを踏む際の2つのポイント

どーも、たむら(@tamura215)です。

今日はブロンクスステップについて書きます。ブロンクスステップはエントリー(立ち踊り)のひとつです。

ブロンクスステップってなんや?って方は、まずこちらをお読みください。
【立ち踊りのステップ 〜ブロンクスステップ〜】

トップロックと同様に基本的なステップです。

動きも割と単純なので、これからブレイクダンスを始められる方はすぐにでも練習してみてください。

引き足が大事

まずは片方の足を上げてかかとをお尻に引きつけ、引きつけた足を横に蹴りだします。

蹴りだすと同時に反対の足をすっと引く事のがポイントです。スムーズに引く事が出来ると体重移動もしやすいですし、見た目もかっこいいです。

はじめてブロンクスステップを練習する方に比較的多いのが、この足を引くタイミングがずれることですね。

タイミングよく足を引かないと、ステップがうまく踏めません。蹴る方の足を蹴りだしたら、同時に反対の足を引くとうまくバランスが取れます。

立っている位置を大きく動かさない

タイミング良く足を引くことと一緒に意識すると良いのが、立っている位置を動かさないことです。

大きく左右に動いてしまうと、初めは特にバランスを取るのが難しくなります。

なので、蹴る足と引く足でうまく体を引っ張って、あまり立っている位置を動かさないようにします。

蹴る足の反対側の足をタイミング良く引くことが出来ると、左右に大きく体が振られることを防げます。

まとめ

ブロンクスステップを踏むために、まずはこの2つのポイントが大事かなと。

  • 蹴る足の反対側の足をタイミング良く引く
  • 立っている位置を大きく動かさない

よろしければ参考にしてください。

その場でブロンクスステップを踏めるようになったら、今度は動きながら踏んでみたり、手の振り方を変えたりして遊んみましょう。