フットワークからキレの良いチェアを決める為に意識すべきポイント

どーも、たむら(@tamura215)です。

昔は自分のチェアの形が本当に嫌いでしたが、この頃は少しずつ形もマシになってきてちょっと好きになってきています。笑

今以上に左足をもっと地面に近づけて、なおかつ外に逃げない様にしたいのですが、体が硬いためなかなか思った様にはいきませんね。

形もかなり気になりますが、チェアの練習をしていると、形以外にも気になるところが出てきます。

例えば、どうすればフットワークからつないだ時にキレを出せるのかななんて考えたたり。

キレのあるチェアを決める為に

色々試してみた中でもチェアを決める時に、キレを出すには体がグライドしないようにすると良いですね。

僕の例でいくと、今までそんなところを意識していなかったので、フットワークからチェアに入った時にどうしても体が流れていました。

それはそれで全然ありなのですが、バチッとキレのあるチェアにを決めるとなると流れない方が絶対良いです。

動画は2歩からチェアにつないでいます。ピタッと止まる為には体が流れない様にしてげます。

体を流さない為に意識する事

では、どうすれば体が流れにくくなるかというと、まずはあごを引くのが大事です。

これは一緒に練習している先輩に教えてもらったのですが、あごを引いておへそを見る事で上半身を固めて、後頭部側に引っ張られにくくなります。

あごが上がってしまうと見た目のかっこ良く無いので、あごを引くと見た目もかっこ良くなります。一石二鳥!

チェアの時に顎を引く
なのでフットワークからチェアに入ったら、まずはあごを引きましょう。目線はおへそを目安にするとわかりやすいと思います。

まとめ

フットワークからチェアへの流れにキレを出すには、体が流れない様にする。

まずはあごを引くことが大事!