脚を巻いてチェアへ入っていく方法(スロー動画解説)

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

先日、書いた『10秒でわかる!脚の回転数を多く見せるチェアの入り方!!』の動画について、スローでも解説して欲しいという要望がyoutubeでありました。

こういった要望は嬉しいですし、どんどんお応えしていきたいと思っていますので、お気軽にメッセージやコメントしてくださいね。

とゆうことで改めてスローバージョンの動画を撮ってきました。

脚を巻いてチェアへ入っていく方法(スロー動画解説)

やってることは割とシンプルです。まずは動画で。30秒ほどなのでサクッとご覧下さい。

こんな感じ。

チェアに入る前に脚を引っ掛ける

チェアに入る前に軸手と反対側の脚を、軸手側のひざに引っ掛けてからチェアにつないでいきます。

せっかくなんで、順番にポイントを解説させてもらいます。

1.軸手と反対側の脚を軸手側のひざに引っ掛ける

巻き足をかける
フットワークで脚が体の前に来た時に、軸手と反対側の脚を軸手側のひざに引っ掛けます。

2.上体をひねりながら軽く跳ぶ

上体をひねる
引っ掛けたらそのまま上体をひねっていきながら、軸手側の脚で地面を蹴って軽く跳びます。

上体を限界までひねるまで、脚は回らないようにできるだけ粘ってください。

あと、跳ぶ高さを抑えた方がかっこいいです。

3.絶妙なタイミングでかけた脚をほどく

かけた脚をほどく
チェアに入って行く前にかけた脚をほどきます。

ここのタイミングが重要です。早すぎず遅すぎず絶妙なタイミングで。

4.チェアを決める

フットワークからチェアを決める
最後はビシッとチェア。

まとめ

チェアに入るときに脚の回転数を多く見せるには、フットワークからチェアに入って行く前に、軸手と反対側の脚を軸手側のひざに引っ掛ける。

以上、よろしければ参考にしてください。