フットワークからチェアまでの繫ぎをよりかっこ良くする方法

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

引き続きチェアの研究をしていて、「フットワークからチェアへの繫ぎをどうしたらもっとかっこ良く出来るんやろ?」ということを常々考えています。

その中で、こうしたらかっこいいかもというポイントがいくつかあるので、それについてつらつらと書いていきます。スーパー主観的になりますがどうぞお付き合いよろしくお願いします。笑

フットワークからチェアにつなぐ時は低くから

フットワークから足を巻いてチェアに入る時、ジャンプしすぎない方がかっこいいですね。

低くから入って、体が浮き上がるのを極力抑えて、フットワークからチェアへスムーズにもっていきます。

フットワークから低くチェアにつなぐ為の3つのポイント

ざっくりですが低くチェアに入っていくために、大事だなと思うポイントが3つあります。

ジャンプし過ぎない

低い位置からチェアに入っていきたいので、出来るだけジャンプしないようにします。(=軸手側の足で地面を蹴り過ぎない様にするということです。)

カッコよくチェアにつないでいく
体を低い位置でキープしてそのままチェアに移ります。こう書くと簡単そうに感じますが、実際にやってみるとなかなかスムーズにいかないと思います。

そもそもジャンプするってところは、省いてしまうくらいのほうが良いような機がします。笑

脚を出来るだけ遠くに伸ばす

巻く方(軸手の反対側)の脚を低く遠く出してから巻いていくと、体が上下しないようにチェアに移りやすいです。

足を遠くにすると高く跳ぶのが難しくなるので、高くならない様にいい感じに体を抑えてくれます。

上半身を早く返す

上半身を早く返すことが、なかなか大事ですね。

体を低くキープする分、浮いている時間が短くなるので、早く上半身を返さないとチェアに上手く入っていけません。

なので、体が浮いたら出来るだけ早急に上半身を返して、チェアの形を作ってあげましょう。

まとめ

フットワークからチェアに入る時に低く入るとめっちゃかっこいい!

その為には以下の3つを意識すると良いです。

  • ジャンプし過ぎない
  • 足を出来るだけ遠くに出す
  • 上半身を早く返す

上下し過ぎないように体を低い位置でキープして、巻く方の足を出来るだけ遠く出せるとgoodですね!

「俺は高いところから落とす様にチェアを決めるのがかっこいいと思ってるんや!」という人。

低く入ることが出来れば、高くから落とすように入るチェアにも余裕が生まれるので、騙されたと思って一度練習してみてください。