脚の回転数を多く見せるフットワークからチェアへの入り方

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワークからチェアへのベーシックな繋ぎ。ブレイクダンスを始めたら、始めの方に練習する繋ぎだと思います。

とりあえず繋ぐだけなら、そんな難易度が高い繋ぎではないですが、せっかくだったらもう一段階レベルを上げてやっちゃいましょう!

出来たら見栄えがかなり良くなるので是非!

フットワークから脚を巻いてチェアに入る

まずは、ツイートから。

かなりシンプルですが、これだけです。ちょっと脚の回転数多く見えますよね?(誘導尋問?笑)

これひとつするだけで、脚の回転数が5割増しくらいになって、見栄えがめっちゃ良くなります。騙されたと思ってやってみてください。

以下、僕が実際にやって良かったと思う練習方法を紹介します。

チェアの回転数を多く見せるためにオススメの練習方法

フットワークから脚を巻いてチェアに入るための練習で、実際に僕が良かったなと感じるのは、繋ぎ目の所を集中的にやる練習です。

初めからフットワークからチェアへ繋ぐのは、勢いがありすぎて難しいと思うので、まずはこの練習から始めるのがいいかと。

まずはこちらの動画で。30秒ほどなのでサクッとご覧下さい。

実は止まった状態からやるのも、それはそれで結構きついのですが…笑

ただ、止まった所からやると形が崩れにくいので、体に形を覚えさせるのには最適です。

せっかくなんで、順番に解説させてもらいます。

①軸手と反対側の脚を軸手側のひざに引っ掛ける

巻き足をかける
フットワークで脚が体の前に来た時に、軸手と反対側の脚を軸手側のひざに引っ掛けます。

②上体をひねりながら軽く跳ぶ

上体をひねる
引っ掛けたらそのまま上体をひねっていきながら、軸手側の脚で地面を蹴って軽く跳びます。

上体を限界までひねるまで、脚は回らないようにできるだけ粘ってください。

あと、跳ぶ高さを抑えた方がかっこいいです。

③絶妙なタイミングでかけた脚をほどく

かけた脚をほどく
チェアに入って行く前にかけた脚をほどきます。

ここのタイミングが重要です。早すぎず遅すぎず絶妙なタイミングで。

④チェアを決める

フットワークからチェアを決める
最後はビシッとチェア。

フットワークから繋ぐ際に意識すべき3つのポイント

止まった体勢からできるようになったら、次はフットワークから繋いでいきましょう。

ポイントは3つあって、こちら動画で解説しています。

以下、簡単に要点をまとめておきます。

脚を遠くに回す

上体に近い位置で脚を回してしまうと、シルエットが窮屈になって小さく見えてしまいます。

なので、出来るだけ遠くで脚を回すように意識しましょう。

上半身を素早く返して粘る

上半身を素早く返して粘ることで、下半身が上半身を追いかけるように回ってきます。

その時間差でさらに脚の回転数が大きく見えるので、ぜひ意識してみてください。

内股で脚を回す

内股で膝を中心に脚を回すことで、綺麗な円を描いて脚が回ってきます。

そうするとより一層脚が回転して見えるので、普段は内股でフットワークを踏まなくても、この時だけでも内股で入るのがおすすめです。

上記をまとめると、

  • 脚を遠くに回す
  • 上半身を素早く返して粘る
  • 内股で脚を回す

この3点。

今回は、脚の回転数を多く見せるフットワークからチェアへの入り方を解説しました。

フットワークからチェアへの繋ぎが格段にかっこよくなるので、よかったら試してくださいね!