初めてチェアを練習するときはまずは4点で体を支えてみよう

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

「さてブレイクダンス始めるか。」と未経験の方がいきなりチェアをやってみると、だいたいは体が持ち上がらないと思います。

もちろん、なんとなくやってみたら出来たって方もいるとは思いますよ。めっちゃ筋肉ある人とかはパワーで無理やり体を持ち上げたりってのも何回も目の当たりにしてます。笑

とは言っても、やっぱりいきなり体を持ち上げて足を浮かすのは簡単じゃないと思うので、初めての方はとりあえず形を作るとこから始めましょう。

1.まずは肘をくっつける位置の確認

チェアの時の肘
まずは肘を脇腹にくっつけるのですが、体の真横かちょっとおへそよりの所ですかね。右手でも左手でもどちらでもいいのでくっつけてみてください。

2.そのまま体を傾けて手を地面につける

チェアの形で地面に手をつけていく
体を傾けて手を地面につけにいきます。肘を体にくっつけている方の腕は地面と直角するのがポイントです。

3.頭と両手と片足の4点を地面につけて体を支える

4点でチェアを支える

軸手(肘を体にくっつけている方の手)にしっかりと体重をのせて、他のところで落ちない様にバランスをとります。

まとめ

チェアを初めてする方は、まず頭、両手、片足の4点で体を支えてみましょう。