ダブルシフトをやる上で意識すべき3つのポイント

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

地元スタジオのレッスンの終了後に、みんなで練習したりしているのですが、ちょくちょく知り合いのbboyが遊びに来てくれたりしてます。

来てくれるbboyはみんな練習しながらも生徒に色々教えてくれるので本当に助かっています。僕が出来ないことを簡単にやってしまうようなハイスキラーが多いので生徒たちも目を輝かせて聞いています。(僕の話の何倍も熱心に。笑)

教えてくれたダブルシフトのコツ

一昨日も来てくれた友達のbboyナックル。

去年、ナックルが教えてくれたダブルシフトが印象深かったのですが。ちゃんとした記事にかけていなかったのでこの機会に書き直します。

ダブルシフト width=
ちなみにこんなダブルシフトをさくっとやります。閉脚でこの引きつけとはさすが!

そんなナックルがダブルシフトをやる上で、意識した方が良いと言っていたポイントは3つ。

上に跳んで手は真下に着く

ナックル曰く真上に飛んで、手は真下に着くとやりやすいとのことでした。

僕はいつも斜め後ろに跳ぶイメージでやっているのですが、真上に跳んで手を下に着く意識でやってみると、高さが出た様な気がしました。

跳んでから手を着きにいく

跳ぶと同時に手を着くというよりは、しっかり跳んでから手を着きにいくイメージ。そうすると溜めが作りやすいです。

手をついたら思いっきり地面を押して体を支えます。

腰を上げて脚を引きつける

腰が上がっていないと、足を引きつけても前に体が跳んでしまって体が浮かないです。

腰をあげる事によって上に体が浮いてきます。

まとめ

  • 上に跳んで手は真下に着く
  • 跳んでから手を着きにいく
  • 腰を上げて足を引きつける

生徒のダブルシフト
生徒も良い感じ飛べる様になりました!ナックル、ありがとう!!

以上、よろしければ参考までに。