ブレイクダンス初心者にもおすすめ!フロアへ入る方法を5つ紹介!【ドロップバリエーション5選】

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

エントリー(立ち踊り)のステップもいくつか覚えた!フットワークも何種類か踏めるようになった!

ブレイクダンスを始めて、少し経つとこんな風にできることがどんどん増えていきますね。

そうなると、覚えたステップをつないでいきたくなると思いますが、立って踊っているところから、フットワークにつないでいく動きが必要になって来ますよね。

そんな方のために、本記事では簡単かつかっこいいドロップ(エントリーからフットワークなどのフロアムーブにつなぐ動き)を5つ紹介していきます。

ブレイクダンス初心者にもおすすめのドロップ5選

後ほどひとつずつ解説しますが、まずは動画を見てください。短めに(約45秒)にまとめてます。

  1. ジャンプでドロップ
  2. ニードロップ
  3. ひざを着いてドロップ
  4. 脚を引いてドロップ
  5. コークスクリュー

という順番でやってます。以下ひとつずつ解説です。

5つのドロップをひとつずつ解説

ということで、ひとつずつ解説していきます。

ジャンプでドロップ

ほんまにジャンプしてしゃがむだけです。(僕はこればっかりやってます。笑)

シンプルすぎるので、ひとつアクセントを入れてみましょう。

ジャンプしてドロップ
ジャンプしたら、

ジャンプしたらキックを入れる
ここで1回キック入れてから、

ドロップ後しゃがむ
しゃがみます。

キックを入れるだけで、断然かっこよくなるので絶対入れましょう!(謎のこだわり)

ニードロップ(ひざカックン)

ニードロップはひざ裏を反対の足で蹴りながらドロップします。

ニードロップ
片方のひざに、反対側の足を当てたら、

ニードロップ着地
そのまま、ひざを曲げながらストンと地面へ。

この時に直接ひざを着くと痛いので、ひざ裏を蹴った方の足を地面に着きにいきましょう。

ニードロップのときの足の着き方
こんな感じ。

ひざを着いてドロップ

ここからは少し、ややこしく感じられるかもしれません。

左脚のひざを着く方向で解説します。

右脚を引いて開脚
右脚を引いて開脚したら、

下半身を右に回しながら左脚を着く
下半身を右に回しながら、左脚のひざを着きます。

ひざを着いたら右脚をくるっと回す
ひざを着いたら右脚をくるっと回して、

右脚を左脚で飛び越えたら
左脚で飛び越えたら、

ドロップ後にフットワークにつなぐ
そのままフットワークにつないでいきましょう!

脚を引いてドロップ

脚を引いて、スムーズにフロアに入っていくドロップです。

片脚を前に出す
脚を体の前に出したら、

反対の脚を後ろに引く
前に出した脚の反対の脚を後ろに引いて、

フロアに入っていく
フロアに入っていきます。

コークスクリュー

パワームーブでもコークスクリューという技がありますが、ドロップでいうところのコークスクリューです。

回転してフロアに入ります。今回は右回りで解説していきますね。

コークスクリュー
開脚の体勢から、

コークスクリューで体をひねり込んでいく
体を回しながら、少しずつ体の位置を低くしていきます。

左足はつま先、右足はかかとを着いておこなうと回りやすいです。

まとめ

以上、ブレイクダンス初心者にもおすすめのドロップを5つお届けしました。

  1. ジャンプでドロップ
  2. ニードロップ
  3. ひざを着いてドロップ
  4. 脚を引いてドロップ
  5. コークスクリュー

そんなにややこしい動きではないので、ぜひ真似してみてくださいね!