フットワークから寝技へ繰り出す練習【繰り出しのやり方】

どーも、たむら(@tamura215)です。

寝技を入れると、動きに高低差が生まれて踊りの見栄えが良くなりますね。

そして、フットワークから寝技に繋ぐ動きを覚えれば、スムーズに寝技に入ることが出来ます。

寝技に繋げる動きの一つに『繰り出し』という動きがあるので、今回はその『繰り出し』を紹介します。

便利な動きですが、上手くやらないとただ転げているだけに見えてしましますので注意。

繰り出しとは

繰り出しはフットワークから肩、背中とついて寝転んでいく動きです。

繰り出しのやり方

では、順に繰り出しの動きの説明です。

フックの体勢

繰り出し肩から
フットワークのフックのところから、フロアに入ります。

肩を地面に着ける

繰り出し入り
肩を地面につけて行きます。

徐々に背中をつける

繰り出し背中へ
徐々に背中をつけていきます。

ぱたっと倒れてると見栄えが微妙なので、一旦肩に乗ってから崩すイメージでやりましょう。

繰り出し背中

寝転んだら完了。

そこからは寝技に繋ぎます。

追記:繰り出し(シンプルバージョン)

シンプルな繰り出しの解説動画を作ったので、よろしければこちらをご覧ください。

4段階で完結します。

さらっと書いておくと、

  1. 頭と軸手側の肩を地面につける
  2. 頭と軸手側の肩を地面につける
  3. 両足を地面から離す
  4. 体の前に脚を振っていく

こんな流れになります。

よろしければ、参考にしてください。