基本のフットワークをつないでみよう!【ベーシックコンビネーションの例】

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワークって色んな動きが出来ますが、基本のステップを繋ぐだけでもかっこ良く踊れます。

同じ流れで繋いでも、人によってシルエットとか見え方が全然違う。

その人なりのこだわりとか癖とかを感じた瞬間に、おー!ってなりますね。僕だけかもしれませんが。笑

この記事では、ベーシックなコンビネーションno
例を紹介します。

6歩→3歩→スピン

以下の3種類のフットワークを踏みます。

  1. 6歩
  2. 3歩
  3. スピン

ベーシックにつないでいきます。

結構前の動画ですが、6歩→3歩→サルフット→スピンという流れで、基本のフットワーク繋いでいます。

足が体の前に来た時に、次のフットワークに切り替えています。

スウィーピング(両手着き)→サルフット→スウィーピング(片手着き)→6歩→3歩

動画をご覧ください。(20秒ほどで見れます。)

お次は、少し種類を増やして踏んでます。

  1. スウィーピング(両手着き)
  2. サルフット
  3. スウィーピング(片手着き)
  4. 6歩
  5. 3歩

細かく切り替えているので、少しくわしく解説します。

トップロック

まずはトップロック。

トップロック
シンプルに踏んでいきます。

ドロップ

フロアに入っていきます。

ドロップ
地面に手をついて、軸手側の脚を地面沿って回しながら、フロアに入っていきましょう。

スウィーピング(両手着き)

フロアに入ったらスウィーピングです。

両手付きスウィーピング
両手を地面に着いたスウィーピングです。手にしっかりと体重を乗せていきましょう。

サルフット

サルフットで少し横に移動します。

サルフット
素早く脚を入れ替えつつ体重移動します。

スウィーピング(片手着き)

サルフットで脚を入れ替えたら、スウィーピングです。

片手スウィーピング
今度は片手で体を支えながらやってみましょう。

6歩

スウィーピングを入れたら、次に6歩を踏みます。

6歩
サルフットからスムーズに繋げるようにしましょう。

3歩

お次は3歩。

3歩
3歩を一回踏んで体を反転させます。

チェア

最後はフリーズ。

チェア
バチっとチェアフリーズを決めて終わります!

繋ぐタイミングを変えると新しいコンビネーションになる

他には、足が体の後ろで切り替えたり色んな繋ぎ方があります。同じ技を繋ぐにしても、繋ぎ方で見栄えがめっちゃかわります。

研究して色んな繋ぎ方が出来るようになると、踊りの幅が広がるので、色んなコンビネーションに挑戦してみましょう。