フットワークをコントロールする方法

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

昨日は、東京の新宿でワークショップと練習会でした。

東京ブレイクダンスレッスン
いつも参加してくださる方から、初めて参加してくださった方まで、熱心な方ばかりだったのでこちらもめっちゃ熱入りました。

参加者のみなさんありがとうございました!(写真みんな揃ってるときに撮ればよかったー。泣)

内容としては、事前に頂いたメッセージを考慮してつくったメニュー+当日の質疑応答って感じで進めたのですが、みなさん積極的に質問して下さったので色んなことをシェア出来たかなと思います。

フットワークをコントロールする方法

参加者のみなさんには、事前にアンケートをとらせてもらったのですが、フットワークに関してのことが多かったです。

その中にあったフットワークを安定させたいということについて、ワークショップ中に回答させていただきましたが、読者のみなさんもすぐに実践出来るものなのでよかったら参考にして下さい。

フットワークをしっかりコントロール出来ると、移動しながらフットワークを踏めたり、狭いサークルでもかっこよく踊れたりするので覚えておいて損はないかと思います。

地面に着く手の位置が大事

フットワークをコントロールするには、地面に着く手の位置がめっちゃ大事です。

例えば6歩を練習するなら、手を着く位置を決めて、そこから出来るだけ動かさないようにする。

3歩や2歩などの半周系のフットワークなら、手の着く位置を4点決めて練習してみましょう。
2歩や3歩など半周系フットワークの練習で意識したいこと

けっこうしつこく書いてきていることなので、昔からブログを読んでくれている方は、「分かってるって!」って感じかも知れませんが。笑


そういえば最近もこんなツイートしてました。笑

何度も言うくらい大切だと思っていることですね。

大切なことですが割と簡単に実践出来るので、無意識に出来るようになるまでやり込みましょう!

体重をしっかりのせること

着く位置がある程度安定して来たら、併せて手に体重をしっかりのせることも意識しましょう。

手に体重をのせて、なおかつ体重移動が上手く出来るようになると、より一層フットワークをコントロールしやすくなります。

大きく脚を振ってもバランスを崩しにくくなったり、脚を浮かせている状態でも脚を動かせるようになったり、フットワークのコントロールが自由自在になります。

まとめ

フットワークをコントロール出来ると、移動しながらフットワークを踏んでもバランスを崩さなかったり、狭いサークルでもかっこよく踊れたりする。

そのためには、まず地面に着く手の位置がを意識することが大切。

着く位置がある程度安定して来たら、併せて手に体重をしっかりのせることも意識する。