フットワークを踏む時の手の着き方【指手とべた手】

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワークをする際は手を地面に着きますが、手の着き方はおおまかに2種類あります。

フットワークをする時の手の着き方

これから2種類の着き方を紹介しますが、比較するとメリットとデメリットがあります。

なので、どちらでフットワークを踏むかはご自身で判断してください。

ベタ手

フットワークベタ手
ひとつはべた手(地域によって呼び方が違うかも)という手の着き方で、手のひらと指の全体を地面にべたっと着きます。

メリット

  • 突き指しにくい
  • 体重をかけやすい

デメリット

  • フットワークが小さくなりやすい
  • 体重移動が少し遅れる

地面に手をしっかり着くので突き指しにくいですが、体重移動が少し遅くなりやすいです。

エアチェアや倒立系、ハンド系の技を多様するなら、べた手の方が相性が良いかもしれません。

指手(立て指)

フットワーク指手
もうひとつは、指手(立て指って聞いた事もあります。)という手の着き方です。こちらは親指を立てて他の指を地面に着けます。

手のひらは浮いている状態になります。

メリット

  • フットワークを大きく踏みやすい
  • 早く体重移動が出来る

デメリット

  • 突き指しやすい
  • 体重をかけにくい

ベタ手より指を立てている分体勢に余裕が出るので、その分腰を前に出したりしやすいので、フットワーカーにはおすすめです。

指手で体を支える
この体勢の時がわかりやすいです。同じ体勢で指手とベタ手を試してみると、指手の方が楽に地面に手を着きにいけるはずです。

指手では上体に少し余裕が生まれる分、大きくフットワークを踏むことが出来ます。

ですが、慣れるまでは突き指しやすいので気をつけましょう。

まとめ

フットワークを踏む際の手のつき方は、

  • べた手
  • 指手(立て指)

の2種類が代表的です。

僕はブレイクダンスを始めた時から、なんとなく指手でフットワークしてました。(誰かに指手を勧められたっけな?)

どちらもメリットとデメリットがあります。

どちらが正解ということがありませんので、自分のやりやすい方でフットワークを踏みましょう。