フットワークをする時の手の着き方

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワークをする際に手を地面に着けますが、手の着き方はおおまかに2種類あります。

ベタ手

フットワークベタ手
ひとつはべた手(地域によって呼び方が違うかも)という手の着き方で、手のひらと指の全体を地面にべたっと着きます。

比較的突き指しにくいです。

指手(立て指)

フットワーク指手
もうひとつは、指手(立て指って聞いた事もあります。)という手の着き方です。こちらは親指を立てて他の指を地面に着けます。

手のひらは浮いている状態になります。

ベタ手より指を立てている分体勢に余裕が出るので、その分腰を前に出したりしやすいのですが、慣れるまでは突き指しやすいので気をつけましょう。

まとめ

フットワークの時の手の着き方は主に2つ。

  • ベタ手
  • 指手(立て指)

このブログでは指手(ゆびて)、べた手って呼んでます。

どちらが良い悪いという事はありませんが、べた手の方が突き指などの怪我はしにくいイメージです。

指手は、指を立てている分体勢に余裕が出るので、その分腰を前に出したりしやすい。

ちなみに僕は指手でフットワークしています。

まずは、やりやすい様にやってみてくださいね。