フットワークの基礎を固めるために、僕が初心者の時から大切にしていた3つのステップ。

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

基礎練。基礎練。

最近のレッスンは、基礎練習がメインとなっています。(特にフットワーク。)

生徒を見ていると、「成果が出てきているなー。」と、はっきり実感出来るとこまで来てます。嬉しい。

イベントでフットワークを踏む生徒
やっぱり土台がしっかりしてくると、全体の見栄えがめっちゃ良くなりますね。

初心者の時から大切にしていたフットワーク

僕自身、ブレイクダンスを始めた時から大切にしていたステップがあって、それらのステップが僕のフットワークの土台を作っています。

具体的には、

の3つのステップです。

6歩も、もちろん練習していたけど、そこまでやり込んでない。というより脚を巻きつけた時のシルエットが全然かっこよくならなくて、あんまりやる気になりませんでした。笑

なので、上で挙げた3つのステップばっかり踏んでましたし、自身があるステップにもなりました。

それぞれのフットワークから得られたもの

当時は、「基礎やしやっとくかー。」くらいの感じでやってましたが、今思えば各々のフットワークにちゃんと意味がありました。

3歩

3歩は一番踏みまくったステップで、そんな3歩からは、

  • 体の向きの入れ替え方
  • 手の着く位置の重要性
  • フットワーク中の開脚のコツ

を学べました。

フットワークのほとんどのことを、3歩から学んだと言っても言い過ぎではない気がします。笑

スウィーピング

スウィーピングからは、

  • ひざの使い方
  • 腰や足の押し出し方
  • 体重移動

といったことを。

スピン

スピンからは、

  • 腰のひねり込み
  • 円運動の大切さ
  • 脚をスライドさせるなどのちょっとした工夫

以上のことを学べました。

もちろん当時はそんなこと考えてフットワークしてませんでしたが、知らず知らずの内にフットワークを踏む上で大切なことを、体に覚えさせることができていたんですねー。

以上3つのステップが、僕も大切にしているステップです。

これからフットワークの上達を目指す方にはとくにおすすめです。