腰が立つ(腰を前に出さない)タイプのフットワークスタイルなら気をつけるべきこと

どーも、たむら(@tamura215)です。

実はフットワーク中、あまり腰を張れない(腰を前に出せない)です。

腰が立つ(簡単に言うと地面と上半身が地面と垂直)タイプのフットワークスタイルです。

それについて、このようなツイートをしました。

要は、腰が前に出すのが苦手でも、工夫すればかっこよく見えますよって事です。

もう少し掘り下げます。

腰が立つ(腰を前に出さない)タイプのフットワークスタイルなら気をつけるべきこと

結論から言うと、ひざの位置を高くしすぎない事が大切です。

ひざの位置を低目にキープ
ひざの位置が高いとシルエットもかっこよくないので、脚を伸ばした時、ひざの位置の高低差が大きくなるため、ばたばた感が強くなり。

なので、ひざの位置を低目にキープする意識を持つと良いでしょう。

低目にひざの位置をキープ出来ると、それだけでシルエットがかっこよくなりますし、曲げ伸ばしを行う際もばたばたしてるように見えません。

まとめ

腰が立つ(腰を前に出さない)タイプのフットワークスタイルの人は、ひざの位置を低目にキープする。

そうする事によって、脚を曲げ伸ばしする際のひざの位置の上下が少ないので、ばたばた感が解消される。

以上、よろしければ意識してみてください。