2歩や3歩などの半周系フットワークを上手く踏む方法

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

初めてブレイクダンスに触れた時に、フットワークといえば6歩を想像するのではないでしょうか?

色々あるフットワークの中でも最初に練習することが多いのかなと。

そのあとに2歩や3歩などの半周系フットワークも練習すると思うのですが、この記事ではその半周系のフットワークについて書いていきます。

半周系のフットワークとは?

ざっくりいうと僕が勝手に半周系のフットワークと呼んでいるものです。笑


基本のフットワークの中で、2歩や3歩など1回踏むと体の向きが半周回るフットワークのことを差しています。

ちなみに3歩はこんなの。

3歩は半周系のフットワークです
どーも、たむら(@tamura215)です。 久々に技の紹介記事。実はブレイクダンスの技集をちょくちょく...

初めて踏んだ時に、自分の体がどの方向を向いているのかわからなくなったのを思い出します。笑

半周系のフットワークを上手く踏む方法

半周系のフットワークを上手く踏めないという方もおられるかと思いますが、そういう方はまず体の回し方を覚えていきましょう。

手の位置をしっかり意識出来れば、大きくずれていくことはないので、まずは手を着く位置を覚えてください。

今回は30秒の動画を作ったので、チェックしてみて下さいね。

手の着く位置が正方形になればok!

こっちも合わせて読んでもらえるとよりわかりやすいかと思いますので是非。

2歩や3歩など半周系フットワークの練習で意識したいこと
どーも、たむら(@tamura215)です。 ブレイクダンスを始めた時、フットワークの練習といえば6歩の...

まとめ

半周系のフットワークが上手く踏めないなら、まず手の着く位置を意識しよう。

正方形の角をイメージして、その角に手を着いていきましょう!