2歩や3歩など半周系フットワークの練習で意識したいこと

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイクダンスを始めた時、フットワークの練習といえば6歩の練習から始める方が多いと思います。

6歩は1回やると1周して戻ってきますよね。それに対して2歩や3歩は半周しかしません。初めの頃は上手く1周することは難しいかもしれません。

実際にスタジオで未経験から教えてる生徒は、初めて3歩をしたときはちょっとややこしかったと言ってました。なかなか1回で半周にならないないと。

もしこのブログを読んでくださっている方の中にも、「気付いたらへんな方を向いてる…」という方もおられたら、この記事を最後まで読んで頂ければと思います。

なぜ半周上手くまわれないのか

6歩は手を地面から離す着くを繰り返す(手を着くのは2点)だけですが、半周系のフットワークは1周するのに手の付き替えが必要(左右で4点着く)になります。

なので少し難しく感じるのではないかと。完全に僕の主観ですが。

手の着くポイントで四角を描く

では、どうすれば上手く手を着き替えて上手く半周するかというところですが、まずは手の着く位置で四角を描く様に意識してください。

動画の様に手の着地点で四角を作ると良いです。

これを意識して練習するだけで回転の角度が安定します。

まとめ

2歩や3歩などの半周系のフットワークはまず手の着く位置を意識。手を着く4点で四角を描く様にすると綺麗に半周まわれます。

これほんとおすすめなんで、かっこよく半周系のフットワークしたい方は是非試してみてください。