フットワークのキレを出すための2つのコツと練習方法について

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

東京でのワークショップ&練習会から1週間経ちました。

みなさんめっちゃ気合い入れて参加してくださったので、僕も自然と力が入りました!

あのあとしばらく興奮が冷めなかったのですが、ようやく落ち着いてきたところです。笑

東京bboyワークショップ
終わってから、「楽しかった」「ここが改善できてよかった」と、めっちゃ嬉しいメッセージをいただきました。

僕もめっちゃ楽しかったです!参加してくださったみなさんありがとうございます!!

「フットワークのキレを出すにはどうすれば良いですか?」

今回のワークショップもみなさん積極的に質問してくださいました。中にはたくさんメモして持って来てくれた方もおられました!

質問のひとつに、〈フットワークのキレを出すにはどうすれば良いか?〉ということがあったので、今日はそれについて。

(ほんまにびっくりするくらいたくさん質問が出たので、今後フットワーク以外の質問にもどんどんl答えていきます!)

僕自身、キレのあるフットワークが好きなのでこれは特に答えやすかったです。

そもそもキレってどう表現したらよいかというところですが、鋭いとかそんな感じです。(かなり感覚的ですね。笑)

個人的には動きに細かいメリハリがついていると、キレているように感じます。緩急をつけたり、動きの大小つけたり。

動きの中に100%と0%の両方があれば特にそう感じますね。

キレに繋がる2つのこと

では、具体的にフットワークでキレを出すにはどうすればいいのでしょうか?個人的に2つが重要かなーと感じています。

しっかり止める

流すのではなくて、一歩一歩しっかり踏んでフットワークすると良いですね。

一瞬止めるくらいの意識で行うと、カクカクしたフットワークになります。それを素早く行うとキレが生まれます。

曲げ伸ばしをしっかりする

足を伸ばす所はしっかり伸ばして、曲げる所はしっかり曲げるとキレを出す事が出来ます。

この動画(けっこう昔の物ですが)なんかは比較的、緩急と大小のメリハリがついててキレがあるように見えますね。

足を伸ばす所、曲げる所をしっかり意識してフットワークしてみると良いでしょう。

まとめ

フットワークにキレを出すには、

  • しっかり止める
  • 曲げ伸ばしをしっかりする

この2点を意識してフットワークすると良いです。

どちらも自分の100%と0%を上手く使い分けられると、もっともっと良くなります。

最後に

次いつ東京いこうかな〜?

早く行きたいです。笑