フットワークからスワイプスを繋ぐ際に意識すべき3つのポイント

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

パワームーブが出来る様になったら、ムーブに入れていきたいですよね!

パワームーブ同士の繋ぎは難易度があがるので、少し壁があるように感じるかもしれませんが、フットワークからパワームーヴに繋ぐのであれば割と気軽に挑戦出来るかと思います。

この記事では、6歩からスワイプスのつなぎ例を紹介します。

フットワークからスワイプスの繫ぎ

見てもらうのが一番早いかと思うので、まずは実際につないだ動画をご覧ください。

6歩でいうところの、巻きの部分から繋いでいます。

ちなみに、6歩からチェアへのつなぎもここからやるのがスタンダード。

繋ぎ方

けっこうシンプルにつないだので、動画だけでわかると思いますが、一応解説です。

巻くと同時にジャンプ

6歩からスワイプスの時にジャンプ
脚を巻いていくのと同時にジャンプして体を浮かせます。

脚を開く

6歩からスワイプスで体を浮かす
体を浮かせたら開脚していきます。

脚を着いてスワイプスへ

6歩からスワイプスで脚を回していく
回してきた脚を着いてスワイプスへ。

ポイント

すると3つの事を意識すると割と綺麗に1周目に入れたんので、その3つについて書きます。

1.足を大きく回して流す

軸手側の足を遠く大きく振って、回る方向に引っ張る様に流していくと遠心力がついて回りやすいです。

大きく見えるので見栄え的にも大事。

2.足で地面を思いっきり蹴る

足が地面に着く時に、思いっきり地面を蹴って腰が落ちるのを防ぎます。

とりあえず着地でつぶれなければ、無理矢理でも次の動きに繋いでいけますね。

3.胸を張る

上に向いた時に胸を張ります。胸を張る事で腰が落ちにくく踏ん張りがききます。

ポイントのまとめ

  1. 足を大きく回して流す
  2. 足で地面を思いっきり蹴る
  3. 胸を張る

また大事だなと思うところがあったら追記していきます。