ブレイキンの『3歩』のやり方とコツ【基礎のフットワーク】

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイキンのフットワークの中でも、基礎となるものはいくつかあります。

  • 6歩
  • 3歩
  • 2歩
  • 1歩
  • スウィーピング
  • スピン

などなど。

その中から、今回は3歩について解説していきます。

3歩/さんぽ/スリーステップ/とは?

3歩は、体を反転させながら踏むフットワークです。

6歩などとは少し違い、体の向きが半周だけ回るフットワークです。(半周系のフットワークと、勝手に呼んでます。)

日本では3歩(さんほ/さんぽ)と呼ばれる事が多いです。ちなみにこのブログでも3歩と呼んでます。

3歩のやり方(動画)

では、動きを説明していきます。まずは動画で見てください。

ざっくりですがこんな感じ。

これからひとつずつ説明していきますが、時計周りでの説明しますので、逆回りで行う場合は左右の動きを入れ替えて行って下さい。

3歩の動きの説明(ひとつずつ解説)

では、ひとつひとつの動きの説明です。

  1. 軸手と反対側の脚を伸ばす
  2. 伸ばした脚を横に抜いて開脚
  3. 体の向きを反転させつつ軸手側の脚を抜く

①軸手と反対側の脚を伸ばす

しゃがんだら軸手と反対側の脚を伸ばします。これが1歩目になります。

3歩の1歩目
伸ばしている脚と同じ側の手をついてバランスをとります。気持ち斜め前に伸ばすイメージ。

②伸ばした脚を横に抜いて開脚

伸ばした脚を体の横に抜きます。

3歩の2歩目
体を90°回転させつつ、四つん這いの体勢に持っていきます。脚はしっかり開きましょう。

この時腰が上がりすぎるとかっこ悪いので、あまり腰を高く上げないように注意します。

もうひとつ言うと、開脚して両脚を左右に引っぱり合って、バランスを取ると良いです。

3歩のとき脚で引っ張り合う
この時です。

左右が対象になるイメージでおこなうと、バランスも良くなりますし、シルエットもかっこ良くなります。

③体の向きを反転させつつ軸手側の脚を抜く

今度は軸手側の脚を伸ばしながら横に抜いていきます。

3歩の3歩目
体の向きがはじめより180°回ります。これで1回です。

以上、3歩の解説でした。初めは形を確認しながら動きに慣れていってくださいね。