フットワークからチェアへ繋ぎをかっこよく見せる方法【腰を上手く回転させる練習】

無料メール講座がリニューアルします! 旧講座からまだ移行されてない方は、こちらのページから再登録お願いします。 ⇒無料メール講座購読ページ

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワークからチェアが、綺麗に決まるとめっちゃかっこいいですよね!

ブレイクダンスの基礎中の基礎ですが、クオリティが高いと半端ない破壊力があるなぁと常日頃から感じています。

今回は、フットワークからチェアへの流れを、かっこよく見せるために大切なことについて触れていきます。

フットワークからチェアへ繋ぎをかっこよく見せる方法


フットワークからチェアの繋ぎをかっこよく見せるためには、

  • フットワークのクオリティ
  • チェアのクオリティ
  • 繋ぎ目のクオリティ

当たり前ですが、この3つを上げていかないといけません。

フットワークとチェアのクオリティを上げるために大切なことは、過去にもたくさん書いているので、今回は『繋ぎ目のクオリティを上げる』ことにフォーカスして書いていきます。

関連記事:フットワークの上達には体重移動の練習が欠かせない

関連記事:チェアをかっこよくするために練習時に意識している9つのこと

腰を上手く回転させる

フットワークからチェアへ繋ぎのクオリティを上げるには、腰の回転を上手く使うことが重要です。

最後のチェアのクオリティが微妙ではありますが、上半身が回転して、下半身が後からついてきているようには見えませんか?

この腰のひねり(回転)こそが、かっこよく見せる秘訣です。

チェアで腰を回転させる練習

腰を回転させることが苦手な僕の場合、具体的に2つの練習が効果的でした。

  • 上の動画のようにフットワークからチェアの練習
  • チェアで上半身を固定して腰をひねる練習

1つ目は、上のyoutube動画を見ていただけるとわかるかと思います。

2つ目の練習方法はこちら。

チェアの体勢で上半身を固定して、腰から下半身を回します。

元々はほとんど腰から脚を回すことが出来なかったのですが、僕はこの練習で腰を回せるようになりました。

フットワークからチェアへ繋ぎをかっこよく見せたい方はぜひ練習に取り入れてみてください。