フットワークが小さくなってしまうなら試してもらいたいたった1つのこと

ws

どーも、たむら(@tamura215)です。

「フットワーク大きく踏みたい!」

こんな風に思って練習しているけど、フットワークが小さくなってしまうってことはありませんか?

そういう方は、まずしっかり手に体重をのせてフットワークを踏む意識を持って練習してみてください。

手に体重をのせてフットワークを踏む理由

手に体重をのせてフットワークを踏むことで、全体的なシルエットを大きくすることができます。

試しにかがんだ状態で地面に手をつけずに、出来るだけ脚を前に伸ばしてみてください。

どれだけ伸びたかだいたい覚えたら、今度は地面に手をつけて体重をのせて、思いっきり脚を伸ばしてみてください。

地面に手をついて脚を前に
さっきより前に伸びたと思いますがいかがですか?

手に体重をのせることで腰が前に出やすくなる

では、なんで手をついていない時よりも脚を前に出せるのでしょうか。

答えは手を地面に着いたことで腰を前に出しやすくなり、その分だけ脚を前に伸ばせるようになるからです。

脚に体重がのっている状態だとなかなか腰を前に出せないので、脚が前に伸びる分までしかシルエットを大きくすることが出来ません。

フットワークと言うくらいなので、ついつい脚に意識が向いてしまいます。ですが、手の使い方も同じくらい意識してみましょう。

前だけでなくて後ろも同じ

わかりやすいかと思って、脚が前の状態の場合で説明しましたが、もちろん脚が後ろにある場合も同じです。

この動画に出てくる2歩の部分なのですが、両手をついた時にしっかりと手に体重が乗っていないと脚を遠くに蹴ることができません。

ブレイクダンスの2歩
この部分です。ここで手に体重が乗っていないと小さくなってしまいますね。

脚が浮いたところでその状態を少しキープ出来るくらい体重をのせるイメージでおこなうと良いです。

まとめ

フットワークのシルエットが小さくなってしまうのなら、まずは手にしっかりと体重をのせてフットワークを踏むように意識する。

手に体重をのせることで、脚をより遠くに持っていくことが出来るので全体のシルエットを大きく見せることが出来る。