フットワークの上達には体重移動の練習が欠かせない

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

僕がブレイクダンスを始めた頃は、倒立系(いわゆる縦系)の技がかっこいいなと思っていて、ラビットとかジョーダンの練習ばかりやってました。

今ではフットワークばっかりやっているのですが。笑


こんな感じ。笑

フットワークばっかりやるスタイルになった理由は、ブレイクダンスを始めた時に地元の友達と作ったチームにあります。

当時僕以外には、3人のメンバーがいました。

  • スキル系が上手い軟体野郎
  • 縦系特化型イケメン
  • 練習に来ないヘッドスピナー

この3人と、中途半端な縦系の僕の4人編成。笑

なかなか上達の兆しも見えず、スタイル的にもキャラ的にも埋もれがちな僕は、みんながやっていないフットワークをやることにしました。

そんな感じで、ほぼ消去法で練習し始めたフットワークが案外楽しくて、そこからははまっていったわけです。

初めの頃は、とりあえずがむしゃらにフットワークを踏みまくっていたのですが、途中から「これ大事やな!」ということが少しずつわかってきました。

フットワークの上達には体重移動の練習が欠かせない

まず最初に思ったのは、体重を上手く移動できればもっと軽快にフットワークを踏めるんちゃうかということ。

今思えば当たり前のことなのですが、当時はすごい大発見をしたような気分でした。笑

練習自体はそんなに難しいことはなくて、しっかり手に体重を乗せて左右を入れ替えるだけです。

それでも、ブレイクダンス初心者だったあの頃は、体重移動の練習を取り入れただけでかなり脚の運びが良くなって、フットワークが上達しました。

フットワークの体重移動と巻きの練習

実際に取り入れた練習はこれ。

僕が、ブレイクダンスの師匠と仰ぐbboyに「脚を巻きつける練習もしたした方が良いよ!」と教えてもらったので、体重移動の練習と並行して行いました。

シンプルだけど、これで体重移動の感覚がかなりつきます。

一応細かく解説します。

1.手を地面に着いて脚を伸ばす

まずは手を地面に着いて、着いた手の側の脚を伸ばします。


この時、手にしっかり体重を乗せます。

2.伸ばした脚を反対の脚に巻きつける

伸ばした脚を反対の脚に巻きつけます。

余裕があれば大きく脚を回していきましょう。

3.巻きつけた脚を元に戻す

巻きつけた脚を元に戻します。

しっかり伸ばしきりましょう。

4.伸ばした脚をたたむ

伸ばした脚をたたみます。

中途半端にならないようにしっかりたたみましょう。

5.手を入れ替える

地面に着いている手を入れ替えます。


ここで素早く手を着き替えます。

両手を着く時間は出来るだけ無くしてください。

6.脚を伸ばす

最後は脚を伸ばします。


スタートした時と反対の脚を伸ばしたら、あとは左右入れ替えて繰り返しましょう。

まとめ

フットワークを上手くなるには、体重移動の練習が欠かせない。

体重移動がしっかり出来ると、脚の運びがスムーズになって一気にフットワークのレベルが上がります。