チェアが窮屈さを改善するために練習時に意識すべきこと【ブレイクダンスの基本】

この記事を書いたbboy:たむら
たむらのプロフィール
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイクダンスの基本、チェア。

基本中の基本ですが、bboyとしては絶対に手を抜いてはいけないことのひとつ。(と僕は思っています。)


チェアへのこだわりtweet。(結構前のtweetなので探すの時間かかりました。笑)

そんなチェアですが、ブレイクダンス初心者は窮屈なチェアの時になりやすいと感じていますので、この記事では改善方法を解説していきます。

チェアの窮屈さを改善するために練習時に意識すべきこと

まずはこちらを見てください。

窮屈なチェア
かなり大袈裟にしましたが、窮屈な感じがしますよね。

チェア改善後
改善後はこちら。窮屈さが無くなりました。

窮屈に見える理由

上記2つのチェアを比べると、改善後のチェアが圧倒的にかっこいいですね。

別のフリーズをしているのか?ってレベルで差があります。

1つ目(改善前)のチェアが窮屈に見えるのには理由は、

  • 脚がかなり前方に出ている
  • 顔と脚の距離が近い

ことかなと感じます。

おへその向きを変える

窮屈さを無くすために、上記の2つを改善して行きます。

脚がかなり前方に出ていて、顔と脚の距離が近くなっている状態を改善するのに効果的な方法があります。

それはおへその向きを上に向けることです。

改善前は、おへそが地面を向いていると思うのですが、その向きを変えてあげます。

おへそを上に向けていくと、前に出ている脚がバランスを取るために、少し背中の方向に下がってきます。
=1つ目の『脚がかなり前方に出ている』ことを改善できます。

その状態から脚を開く(軸手側の脚は前、反対の脚は後ろ)と、おのずと顔から脚の距離が開きます。
=2つ目の『顔と脚の距離が近い』ことを改善できます。

まとめ

チェアが窮屈になってしまうのは、

  • 脚がかなり前方に出ている
  • 顔と脚の距離が近い

が原因。

上記の2つは、おへその向きを上に向けることで改善できます。

1つ意識すると、まとめて改善できるので、チェアが窮屈になってしまうという方は試してみてください。