フリーズの向きを把握するメリット【例えばフットワークからチェアなら?】

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワークから、いろんなフリーズにつなげるように練習中です。

いろんなと書きましたが、あんまりフリーズ持っていません。笑

なので、行き着くところは、やっぱりチェアです。

まぁチェアだけでも、クオリティが高ければかっこいいし、それで突き抜けるのもありかなと思ってます。

さて、そんなフットワークからフリーズについて、こんなツイートをしました。

どの入りでどのフリーズに繋ぐと、どの向きで止まれるのか把握しておくと、バトルなどで相手の方を向いてフリーズすることが出来ます。

人によってクセが出るので、向きは多少変わります。

僕の場合、6歩からチェアに繋ぐと後ろを向くので、正面を向いて止まりたいときは3歩を一回挟んだりします。

今回は、これについて少し掘り下げていきます。

フリーズの向きを把握するメリット

フットワークからフリーズにつなぐと、どの向きで止まるか考えたことはありますか?

もし無いのなら、今から書くことを少し頭に置いといてもらうと、いつか役に立つと思います。

フリーズの向きを把握することによって、バトルなどで相手の方に向かってフリーズ出来たりするメリットが生まれます。

では、フットワークからチェアのつなぎを例にして、フリーズの止まる向きを見ていきまししょう。

フットワークからチェアの場合

フットワークからチェアにつなぐと、どの向きを向くのか確認していきましょう。

こちらは、3歩からチェアです。

カメラ側を向いて踊り始めて、最後のチェアもカメラ側を向いています。

チェアの直前に踏んだのは『3歩』です。

この動画でわかるのは、3歩でカメラと反対側を向いてからチェアにつなぐと、カメラ側に向いてチェアを決めることができるということです。

ちなみに、手のつき方や体のねじり具合に個人差があるので、人によって多少誤差はあります。

こんな風にフリーズの向きを把握しておくことによって、バトル中に相手の方を向いてフリーズしたり出来るので、色々試して研究しておくと今後役に立つかもしれません。