フリーズのバランスを良くするために指先の向きに注意して練習してみよう

どーも、たむら(@tamura215)です。

細かいとこのシルエットも、大事にして踊っているつもりです。なので、そういうこだわりを持って踊っている人に、興味深々です。

チェア

例えば、チェアの指先の向き。そういうところまでこだわっている人に惹かれます。

フリーズのバランスを良くするための指先の向き

「フリーズは止まれりゃ指先の向きとかそんなもんどうでもいい!」と思っている人も多いかもしれませんが、シルエットの問題だけじゃなく、指先の向きを気にするだけでフリーズが止まりやすくなったりすることもあります。

例えば、

  • ジョーダンをする際の指先の向き
  • チェアする際の指先の向き
  • ハローバック際の指先の向き

細かい所ではありますが、指先の向きによって力が入りやすかったり、バランスがとりやすかったりします。

チェアの時、軸手の指先は外側(体の後ろ)を向いた方が止まりやすいですよね?

そんな風に、ある程度はそのフリーズをする上でやりやすい指先の向きがあるかと。

フリーズのバランスが悪いと感じたら指先の向きを変えて練習してみる

フリーズの際、上手く力が入りにくかったり、バランスが取りづらいなら指先の方向を少しずつ変えながら練習してみましょう。

ジョーダン

少し指先の方向を変えるだけで、力が入りやすくなったりすることもあるので、試してみる価値はあると思います。

フリーズの練習をする際、上手くバランスが取れないなら、一度お試しください。