難易度の高くないフリーズでも入れ方次第でかっこよくなる

どーも、たむら(@tamura215)です。

ムーブの最後はフリーズよりも、ポージングになりがちです。

でも、やっぱりフリーズってかっこいいですよねー。

そういえば、このようなツイートをしました。

これについて、少し掘り下げていきます。

難易度の高くないフリーズでも入れ方次第でかっこよくなる

難易度の高くないフリーズでも、上記のようにいろんな使い方をすることで、かっこよく見せることが出来ますね。

方法は色々あります。

例えば、

  • オーソドックスにラストにばちっとフリーズする
  • ムーブの合間に細かく数回入れる
  • フリーズを段階的に繋ぐ
  • フットワークに組み込む

こんな感じ。

ひとつずつ、サラッと解説します。

オーソドックスにラストにばちっとフリーズする

まずは、セオリー通りに最後にフリーズを決めたもの。

ムーブの最後に、ビシッと決めましょう。

ムーブの合間に細かく数回入れる

次はムーブの合間に入れるパターン。

ムーブ中のアクセントとしてフリーズを使います。

フリーズを段階的に繋ぐ

次は段階的にフリーズを繋ぐパターン。

動画では、最初にフリーズのコンボを使ってます。

フットワークに組み込む

最後はフットワークに組み込む例。

最後の方にチェアを使ったフットワークを踏んでます。

以上、フリーズの使い方の例を紹介しました。

よろしければ参考にしてください。