フリーズをばちっと決めるとなんで印象に残るのか考えてみた。

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

昨日はバトルに出てきたのですが、フリーズをおもいっきりばっちーん!って決めるbboyって印象に残りますね。

高度なフリーズであればあるほど印象に残るのも確かだと思いますが、そうじゃなくてもばちっと決めるとかっこいいなと再確認しました。

フリーズってなんで印象に残るのか

フリーズばちっと決めるとなんで印象に残るんですかね?

今、ふと思ったのですが、ブレイクダンスってフリーズ以外は基本的に動いてますね。エントリーもフットワークもパワームーブも。

ステップを止めながら踏んだり出来ますが、基本的には動く事が前提になっています。その中で止まることが前提なのはフリーズだけです。

倒立系のフリーズ
動くことが前提の他の要素に対して、唯一止まることが前提の要素なので、印象に残りやすいではないでしょうか。

フリーズの入れ方

フリーズっていっても入れ方は様々ですよね。例えば、

  • オーソドックスにラストにばちっとフリーズする
  • ムーブ中に細かく数回入れる
  • フリーズを段階的に繋ぐ(ワークショップでも質問あったのでまた詳しく書きます。)

などなど。

特にどんなフリーズすれば印象に残るのか

なんやかんやで音にはまったフリーズはめっちゃ印象に残りますね。

ここぞという音にはまったフリーズほど印象に残るものはないでしょう。

まとめ

フリーズは、ブレイクダンスで唯一止まるのことが前提の要素なので、印象に残りやすい。

ムーブへのフリーズの入れ方は色々あるが、結局のところ音にはまったフリーズが最強。