倒立系フリーズで止まるために大事な3つのこと

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

実は僕、ブレイクダンスを始めた頃は倒立系の練習ばかりしてました。

倒立で跳ねたり、もっとレベルが上がったら片手で跳ねたり、いわゆる縦系bboyに憧れていつも練習していたんです。

最近知り合った人には、意外がられますが。笑


まぁ今はこんな感じで、縦系の名残りもないんでそりゃそうか。笑

とは言っても、フリーズとか1990系とかもやったりするので、今でも日常的に倒立してますし、ブログにもちょこちょこ書いています。

ちなみにこのブログでの中で、よく読まれているのはこの記事。

倒立でぴたっと止まるために練習時に意識すべき3つのこと
どーも、たむら(@tamura215)です。 ブレイクダンスをしていると、倒立系の動きってけっこう必要に...

上の記事と共通するところも多いのですが、この記事では倒立系のフリーズで止まるために大事なポイントについて書いていきます。

割とすぐに実践できる内容だと思うので、「倒立系のフリーズ止まんねー。」という方はぜひ試して見てください。

肘をまっすぐにする

まずは基本中の基本。腕をまっすぐにすること。

腕をまっすぐにすると肩に体重がのせやすいので、おのずと体を支えやすくなります。

肘を曲げてもやばい止まり方をするbboyも結構いてますが、そういう人たちは異次元です。笑

まずは肘をまっすぐにして、しっかりと体支えられるようになりましょう!

地面を押す

フリーズする瞬間に腕で地面を押します。

肘をまっすぐにした状態で押してあげると、肩に体重がしっかりのって体が落ちにくくなります。

肩から地面を押すって感覚ですね。

あと瞬間的に力を入れるので、キレが増して見える効果もあります。

体が持ち上がってから形を作る

フリーズを決めきれない人は、体が持ち上がっていないのに形だけ作ってしまいがち。

三点倒立からジョーダン
なのでまずはしっかり体が持ち上がってからフリーズするくせをつけましょう。

体が地面と垂直になったとこでフリーズの形を作ればok!

まとめ

「倒立系のフリーズ止まんねー。」という方は、以下の3点を意識してみよう!

  • 肘をまっすぐにする
  • 地面を押す
  • 体が持ち上がってから形を作る