三点倒立からチェアへ繋ぐ時の3つのポイント

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークはもっと好きです。
お知らせ

どーも、たむら(@tamura215)です。

いくつかフリーズが出来る様になると、今度は繋いでいきたくなりませんか?僕はめっちゃなりました。笑

チェアや三点倒立を早い段階で練習する方は比較的多いと思いますので、その2つの繋ぎ方について書きます。

今回は、三点倒立からチェアへの繋ぎ方と、その中で意識すると良いポイントについて。

三点倒立からチェアへ崩していくやり方

慣れれば一気に三点倒立からチェアに切り替えられますが、はじめはゆっくりやるとやりやすいと思います。

三点倒立からチェアのコツ

3つのポイントを意識して練習するとやりやすいです。

(1).少し頭を浮かす

チェアから三点倒立で頭を上げる
足を軽く上に蹴って、腕で地面を押してあげます。体ごと頭を浮かせて(2)へ。

(2).頭をスライドさせる

三点倒立で頭をスライド
(1)で頭を少し浮かせたら、頭を横にスライドさせて体を傾向けます。少しずつ体を傾けてチェアに入っていきます。

(3).軸手の反対側の足を上に残す

三点倒立で脚は高く
初めのうちは軸手の反対側の足を上に残すイメージでやると、体のバランスが一気に崩れないのでやりやすいです。

まとめ

(1).少し頭を浮かす
(2).頭をスライドさせる
(3).軸手の反対側の足を上に残す

以上、よろしければ参考にしてください。