【ブレイクダンス】内股フットワークの作り方【オールドスクール】

どーも、たむら(@tamura215)です。

内股フットワーク、ガニ股フットワーク。あなたはどっちのフットワークですか?

僕は断然内股です!(どうでもいいとか言わんといてくださいね!笑)

なんか、昔から内股の方がかっこよく感じるんですよね~。

今回は僕と同じ内股のフットワーク派の方に向けて書きますので、「断然ガニ股派!」という方は、さらっと読み飛ばしていただければと思います。

内股フットワークの作り方

さて、内股フットワークを作るには、

  1. 強制的に内股にする
  2. 意識的に内股にする

簡単にいうと、上記の2点を段階的におこなうと良いです。

ステップ1:強制的に内股フットワークを作る

まずは、タオルや紐で両ひざをくくって、ひざの幅を固定してフットワークを踏みます。

タオルで内股フットワークを作る
この時、自分がかっこ良いと思える幅で両ひざをくくリましょう。(ちなみに僕は拳1つ分くらい開けます。)

強制的に内股になるようにして、内股フットワークを踏みます。

びっくりするくらいフットワークを踏めないと思いますが、慣れるまで無理やり練習します。

この状態で、ある程度フットワークを踏めるようになったら、次のステップに進みましょう。

ステップ2:意識的に内股フットワークを作る

ステップ1では、タオル等でひざを縛って、強制的に内股フットワークを作りました。

内股フットワーク

ステップ2では、意識的に内股を保ったままフットワークを踏む練習をします。

すごい単純なことなのですが、あとは意識してやりこみです。

内股フットワークを踏みたいという方は、ぜひ試してみてくださいね。