【ブレイクダンス】内股フットワークの作り方とコツ【オールドスクール】

どーも、たむら(@tamura215)です。

内股フットワーク、ガニ股フットワーク。あなたのフットワークはどっちですか?

昔から読んでくれている方はご存知いただけていると思いますが、僕内股フットワーク派です。

今回は、どちらが良いかどうかという話ではなくて、僕と同じ内股のフットワーク派の方に向けて、どうすればかっこいい内股フットワークを踏めるかということについて書いていきます。

なので、「断然ガニ股派!」という方は、さらっと読み飛ばしていただければと思います。

内股フットワークの作り方

さて、内股フットワークを作るには、

  1. 強制的に内股にする
  2. 意識的に内股にする

簡単にいうと、上記の2点を段階的におこなうと良いです。

では、掘り下げていきます。

ステップ1:強制的に内股フットワークを作る

まずは、タオルや紐で両ひざをくくって、ひざの幅を固定してフットワークを踏みます。

タオルで内股フットワークを作る
この時、自分がかっこ良いと思える幅で両ひざをくくリましょう。(ちなみに僕は拳1つ分くらい開けます。)

強制的に内股になるようにして、内股フットワークを踏みます。

びっくりするくらいフットワークを踏めないと思いますが、慣れるまで無理やり練習します。

この状態で、ある程度フットワークを踏めるようになったら、次のステップへ進んでください。

ステップ2:意識的に内股フットワークを作る

ステップ1では、タオル等でひざを縛って、強制的に内股フットワークを作りました。

内股フットワーク
ステップ2では、意識的に内股を保ったままフットワークを踏む練習をします。

すごい単純なことなのですが、あとは意識してやりこみです。とにかく内股を意識しまくることが大事で、その結果だんだん内股で踏めるようになってきます。

この時に頭に置いておくと良いのが、脚の付け根から巻き込むことです。

脚の付け根から巻き込む練習


内股フットワークの練習の時、大半の方が『ひざを締める』意識をしていると思います。ちなみに僕もそうでした。

もちろんひざを締めることは大切です。それも頭に置いた上で、おこなってもらいたいのが、脚の付け根から内側に巻き込むこと。

試しに脚を伸ばした態勢で、脚を付け根から内側にひねってみてください。

おそらく、ひざと足の指先の向きが内側に向いたと思います。

この動きを利用して、フットワークを内股にします。

それに関連したツイートがこちら。

内股のフットワーク踏む時、上手くひざを締められないなら、脚を付け根から内側に巻き込む意識をしてみましょう。

連動して、ひざと足が内側を向いてくれるはずです。

ちなみに、この時にしっかり鍵足(足首の角度が90°の状態の事)にしてると、ひざと足の指の向きが揃って良い感じの角度になります。

内股フットワークを踏みたいという方は、ぜひ試してみてくださいね。

追記:内股フットワークのクオリティを上げる方法

ここからは、内股フットワークのクオリティを上げる方法です。

方法自体はシンプルなのですが、正直ちょっと難しいです。

膝など体にも負担がかかると思いますので、あえてオススメはしません。

なので、参考程度に見ていただけると良いかと。

かかとにお尻を乗せない

内股フットワークを上手く踏みたいなら、脚が体の前に来た時はかかとにお尻を乗せない方が、綺麗に内股になります。

膝を締めたまま脚を広げて、その間にお尻を挟むイメージです。

この体勢で両ひざを締める(くっつけていく)と、かっこいい内股の出来上がりです。

かかとにお尻を乗せると楽にフットワーク出来ますが、しぶい内股フットワークを作りにくいので、かっこいい内股フットワークを踏みたい方は参考にしてください。

内股フットワークの作り方まとめ

内股フットワークを作るには、以下の2点を段階的におこなうと良い。

  1. 強制的に内股にする→膝をタオルなどで縛る
  2. 意識的に内股にする

ポイントは、ひざを締めつつ脚の付け根から内側に巻き込むこと。

内股フットワークのクオリティーを、上げるにはかかとにお尻を乗せないようにして、フットワークを踏む。※膝などに負担がかかるのでオススメはしない。

よろしければ、参考までに。