内股フットワークを踏むなら脚の付け根から巻き込む練習をしよう

どーも、たむら(@tamura215)です。

フットワーク中、脚が体の前に来た時のシルエットが、気にくわないです。

くそー。またやり直しです。泣

とりあえず内股の具合を見直し中です。

それに関連したツイートがこちら。

内股のフットワーク踏む時、上手くひざを締められないなら、脚を付け根から内側に巻き込む意識をしてみましょう。

連動して、ひざと足が内側を向いてくれるはずです。

ちなみに、この時にしっかり鍵足(足首の角度が90°の状態の事)にしてると、ひざと足の指の向きが揃って良い感じの角度になります。

これについて、少し掘り下げていきます、

ひざを締める意識で上手く内股フットワークにならないのなら、今回の内容を試してみてください。

内股フットワークを踏むなら脚の付け根から巻き込む練習をしよう


内股フットワークの練習の時って、どんなことを意識していますか?

大半の方が『ひざを締める』意識をしているんではないでしょうか。

ちなみに僕もそうでした。

もちろんひざを締めることは大切です。

それも頭に置いた上で、おこなってもらいたいのが、脚の付け根から内側に巻き込むこと。

試しに脚を伸ばした態勢で、脚を付け根から内側にひねってみてください。

おそらく、ひざと足の指先の向きが内側に向いたと思います。

この動きを利用して、フットワークを内股にします。

以上、内股フットワークを踏む際に、意識してもらいたいことについて書きました。

よろしければ、参考にしてください。