ジョーダンで足を引きつけてバランスを取るにはここを意識して練習しましょう

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイクダンスを始めた頃はジョーダンが大好きで、ジョーダンばっかり練習してました。(もちろんいまでも大好きなフリーズです!)

練習初日になんとなくやって出来た、チームメイトのるいーじを横目に練習していたので、当時はすげー悔しかったのを覚えてます。笑

るいーじってやたらとエアチェアうまいやつです。ちょくちょくこのブログにも登場してくれてます。
エアチェア上達の為に意識すべき2つの事

めっちゃ苦労したジョーダン

話をジョーダンに戻しますね。笑

結局、ある程度形になるまで1ヶ月ほどかかってしまったのですが、その分ジョーダンは思い入れのある技になりました。

苦労したポイントはいくつもありますが、その中でも足を引きつけてバランスを取るのがむずかしかったです。僕は体が硬いので、なかなか足を引きつけることが出来ませんでした。

足を引きつけることが出来ないと、なかなかうまくバランスを取ることが出来ないですし、見た目的にも微妙です。

ですが、ちょっと工夫して練習するようになってから、だいぶ足を引き付けやすくなりました。

ジョーダンの時に足を引きつけてバランスを取るには

体が柔らかい人は足の開きだけで、ある程度足を体に引き付ける事が出来ます。ですが開脚が90°くらいの僕はそうはいきません。

その中で、自分なりに工夫したポイントは以下の2つです。

腰からひねって前屈のイメージ

では、どうやって引きつけているかというと、あまり開脚をせずに体をひねって曲げる方法で引きつけています。

ダブルジョーダンをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

体をひねっているため体はカメラ側を向いていますが、下半身は左を向いています。この体勢で頭を軸手から離して、お尻を突き出して腰を入れると、足を引き付けやすいです。

お尻を軸手のラインより外側に出す

ジョーダンのライ
足を引きつけるだけではバランスが取れないので、腰から体をひねって下半身を横向きにしたら、そのままお尻を軸手より外側に出します。

まとめ

ジョーダンで足を引きつけてバランスを取るには以下の2つのポイントを意識しましょう。

  • 腰からひねって前屈のイメージを持つ
  • お尻を軸手のラインより外側に出す

以上、よろしければ参考にしてください。