ジョーダンの練習方法と意識すべき3つのポイント

この記事を書いたbboy:たむら
ブレイクダンスが好きです。でもフットワークがもっと好きです。

どーも、たむら(@tamura215)です。

ブレイクダンスを始めた頃はジョーダンが大好きで、ジョーダンばっかり練習してました。

練習初日になんとなくやって出来た、チームメイトのるいーじを横目に練習していたので、当時はすげー悔しかったのを覚えてます。笑

るいーじって、やたらとエアチェアうまいやつです。ちょくちょくこのブログにも登場してくれてます。

エアチェア上達の為に意識すべき2つの事
どーも、たむら(@tamura215)です。 「エアーチェアーのキープがなかなかできないんですが何か...

そんな感じで、周りのbboyより覚えが悪く習得までに時間がかかりましたが、その分思い入れがある技のひとつです。

ジョーダンの練習方法は、倒立から片手を離して行う方法と、側転を止めるように行う方法がメジャーなのかと思います。

この記事では、倒立からの練習方法について書いていきます。

この入り方ですね。

倒立になって軸手ではない方の手を離していきますが、この時のポイントは3つ。

1.肘を伸ばす

ジョーダンで肘を伸ばす
軸手の肘が曲がってしまうと、体を支えきれずに崩れやすくなるので肘はしっかり伸ばして真っ直ぐしましょう。

地面を押すようにして、ピンっと肘を伸ばします。

2.頭を軸手から離して正面を向く

ジョーダンのとき腰を入れる
頭を軸手からはなすことで肩に体重が乗りやすくなりますし、上半身を傾けやすくなって腰が入れやすく(腰を軸手より体の外側に出すこと。)なります。

頭を軸手から離せたら、顔は体の真正面を向きましょう。はじめは地面から目を離すのは怖いと思いますが、徐々にで良いので目線を体の真正面に向ける練習をします。

体の真正面に顔を向けられると、さらに顔を軸手から離しやすくなって、よりバランスが取りやすくなります。

3.腰を入れて脚を引きつける

ジョーダンの時顔を離す
2.から繋がりますが、腰を入れて軸手と反対側の脚を体に引きつけましょう。引きつけた脚と腰で左右に引っ張り合ってバランスを取ります。

腰からひねって前屈のイメージで、軸手側にお尻を突き出すと良いでしょう。

ジョーダン三角形を意識
足と腰と頭をつないで三角形を作れていると、うまく腰を出して脚を体に引きつけることが出来ていますので目安にしてください。

まとめ

ジョーダンを練習する際には、以下の3つのポイントを意識して練習すると止まりやすい。

ジョーダン3つのポイント

  1. 肘を伸ばす
  2. 頭を軸手から離して正面を向く
  3. 腰を入れて脚を引きつける

以上、よろしければ参考にしてください。