ジョーダンの練習方法と意識すべき3つのポイント

ws

どーも、たむら(@tamura215)です。

ジョーダンの練習方法なのですが、倒立から片手を離して行う方法と、側転を止めるように行う方法がメジャーなのかと思います。

今日は、倒立からの練習方法について書いていきます。

倒立になって軸手ではない方の手を離していきます。この時のポイントは3つ。

1.肘を伸ばす

ジョーダンで肘を伸ばす
軸手の肘が曲がってしまうと、体を支えきれずに崩れやすくなるので肘はしっかり伸ばして真っ直ぐしましょう。

2.顔を軸手から離す

ジョーダンのとき腰を入れる
顔を軸手からはなすことで肩に体重が乗りやすくなりますし、腰が入りやすくなります。

3.腰を入れる

ジョーダンの時顔を離す
2.から繋がりますが、腰を入れて軸手側ではない足を体に引きつけましょう。引きつけた足と腰でバランスをとります。

まとめ

image
1.肘を伸ばす
2.腰を入れる
3.顔を軸手から離す

頭、お尻、足のラインで”く”の字を書くイメージです。以上、参考までに。

東京のワークショップ&練習会、次回の開催は3月21日(月・祝)です。興味のある方はこちらを見てください。
終了しました。ありがとうございました!