ジョーダンの練習はここの三角形を意識しましょう

どーも、たむら(@tamura215)です。

ここんところ、ブログの記事整理してます。過去のめちゃくちゃ短い記事とか消していってます。笑

1記事に1つのテーマで完結するのが、みなさんにとって読みやすいのかなと思っていつも書いていますがどないですかね〜?

「こうやったらもっと読みやすいのに〜。」なんて意見があれば是非教えてください!

そいうことで、今回は一年以上前に書いた、ジョーダンについての記事を記事を加筆修正してみました。

ジョーダンを練習するとぶつかる壁

ジョーダンはブレイクダンスを始めてすぐに練習し始めた技なので、思い入れがある技のひとつです。

そんなジョーダンなんですが、一瞬だけ形を作るところからしっかり止まれる様になるまでに壁があるような気がします。(僕が苦労しただけかもしれませんが。笑)

止まれない方は色々と改善するところがあると思います。体の安定する形を作るとか。

今日はちょっと変わった切り口で、形を良くしてしっかりフリーズ出来る方法について書きます。

三角形を作りにいく

形を作ってフリーズする時に、顔、足、腰の三点で綺麗な三角形が出来ていると比較的止まりやすく感じました。

こんな感じでしっかり止まれます。

ジョーダン三角形を意識
このように綺麗な三角を作るには必要なことが3つありますね、

頭が軸手から離れている

頭を離さないと腰を入れて肩に体重を乗せるのが難しくなってしまいます。

なので、頭を軸手(地面についている腕)からしっかり離しましょう。

腰を入れる

頭を軸手から離したら、今度は腰をしっかり入れます。

腰をしっかり入れることで、脚を体に引き付けやすくなります。

脚を体に引きつける

先書いたように、頭が軸手から離れて腰を入れたら、今度は脚を体に引き付けます。

体に引き付けた脚と、腰とで体を左右に引っ張りあってバランスをとります。

まとめ

ジョーダンをする時に、顔、足、腰の三点で綺麗な三角形が出来ていると比較的止まりやすい。

そのためには以下の3つのことを意識する。

  • 頭が軸手から離す
  • 腰を入れる
  • 脚を体に引きつける

手や足の長さや、体の硬さによって違いは出ると思いますが、この三角がジョーダンを練習する上でひとつの目安に出来そうです。

よろしければ参考にしてください。